Chapter Twoは怪しい?評判・口コミを解説!

動画編集スクール

  • Chapter Twoって、他のスクールと何が違うの?
  • なんか怪しそうなんだけど…
  • お金を払う価値のあるスクールに入りたい!

こういったお悩みにお答えします。

動画編集で効率よくお金を稼いでいきたい方は、独学ではなくスクールに入るのがおすすめ。

しかし、世の中にたくさんある動画編集スクールの中には、質が低いところもあるのが現状…。Twitterなどで受講者とトラブルになった事例もあります。

そんなスクールに入ってお金や時間をムダにしないためにも、信頼できるスクールを選びたいですよね。

この記事では、現役の動画編集ディレクターがChapter Twoの評判について解説していきます。

最後まで読むと、Chapter Twoがお金を払う価値のあるスクールかどうかかが分かりますよ。

結論:怪しい評判が気になるけど、スクールの学習内容は独自性があって面白い。

 

>>Chapter Twoの無料相談会を見てみる

この記事を書いた人
シゲル 白背景アイコン
シ ゲ ル
  • 会社員に絶望し、退職届を叩きつけることを決意
  • 副業で動画編集を始め、半年後に月10万円を稼ぎフリーランスに
  • 動画編集者として200本以上を納品
  • 現役の動画編集ディレクターとして活動中

>>プロフィール
>>Twitterはこちら

 

現役ディレクターの私がおすすめする動画編集スクールはこちらの記事で詳しく紹介しています。

>>おすすめの動画編集・映像制作スクール13選!

Chapter Twoってどんなスクール?



スクール名 Chapter Two
運営会社 株式会社Chapter Two
代表取締役 松山利基
受講料 330,000円
受講方法 オンライン
受講期間 3ヶ月
学べること ・After Effects
・Premiere Pro
・デザイン
・営業方法
公式サイト Chapter Two

 

Chapter TwoはAfter Effectsと営業方法について学べる、『稼げる動画クリエイター』になりたい方のためのスクールです。

After Effectsに特化したスクールということで、この時点でわりとレア。

学習スタイルは完全オンライン型で、週1回のZoom講義を聞きつつ、家で動画教材を見ながら学んでいく、というものです。

また、営業に関する学習内容・サポートが非常に手厚いのが特長ですね。

後ほど詳しく解説しますが、なんとあなたが営業に行くとき、講師についてきてもらうことができます。

『営業って、なんか怖い…』という方にとってはとても心強いサービスですね。

とてもユニークで面白そうなスクールであるChapter Two。しかしその一方で、怪しげな口コミもあるんですよ。

Chapter Twoは怪しいのか?

仮面をつけた詐欺師
まずTwitterを見てみると

クリエイターの方と繋がる場があるのはありがたい

オリジナルロゴアニメーション作った


ネガティブな口コミはまったく見られませんでした。受講生の方々が制作している動画のレベルも高いし、『かなりの優良スクールでは?』と思いますよね。

ところが…別のサイトを見てみると

絶対に申し込んではいけない

chapter-twoの悪評①

出典元:逮捕.info

いきなりすごい書き込みが…。

というか『逮捕.info』なんてサイトあるんですね…。怖っ。

その他にも

これで稼げるほど、編集は甘くない

chapter-twoの悪評②

稼げてない人が多いって聞く

chapter-twoの悪評③

詐欺師が関わっているという噂も

chapter-twoの悪評④
こんな感じで、めちゃくちゃ不穏。詐欺師が関わってるってなに???笑

代表者である松山氏の過去が関係か

『なんでこんな怪しげな書き込みがあるんだろう』と不思議でしたが、どうもChapter Two代表者である松山さんの過去に関係があるようです。

ゼロイチというサイトに松山さんが執筆した記事が載っているのですが、その中で『これまでにやってきた副業』の話をされています。

本文を引用すると

簡単に説明すると、50万円の情報商材をリアルで販売していくという仕事です。

金額以上に価値があるのか分からない情報商材を扱っていたので、どうしても「売る」ということに徹することができませんでした。

こんな内容がありました。

松山さんが過去に取り組んでいた副業の中には『怪しげな情報商材を売る』といったものがあったようです。

つまり、昔『金額以上に価値があるのか分からない情報商材』を売っていた人が、今はChapter Twoというスクールを売っているわけです。

『Chapter Twoも、金額以下の価値しかないんじゃないの?』と疑ってしまうのは自然なことでしょう。

スクールを運営する会社の代表が怪しげな経歴を持っているため、悪い噂が広まりやすかった、ということですね。

怪しいが、実態は分からず

このように、正直怪しいChapter Twoですが、スクールの質が低いかどうかはよく分からない、というのが結論です。

Twitterの人たちは実際にAfter Effectsを使えるようになっているわけですからね。

代表者の松山さんが過去に怪しげな情報商材を扱っていたとしても、今は良心的なスクールを経営しているのかもしれません。

松山さんのことを信用する材料は特にないですが、一方、『匿名掲示板の書き込みだって別に信用できないよな…』という気もします。

一人で複数人を装って(いわゆる自演をして)書き込んでいる可能性だってありますし。

申し込みは見極めてから

このようにいろいろな情報が出回っている現状、Chapter Twoの受講を検討している方は、実際に申し込む前にあなた自身でしっかりと見極め、納得してからにしましょう。

なにせChapter Twoの受講料は33万円。『ま、ムダになってもいいや』とギャンブル感覚で試してみるには大きすぎる金額ですよね。

ポジティブな口コミもネガティブな口コミも、そしてもちろんこの記事も。ネット上の情報を鵜呑みにしてあなたの大事なお金を使ってしまうのはおすすめできません。

Chapter Twoでは無料の説明会が開催されているので、まずはそこに参加して、あなた自身の目で『信用できるスクールなのか』を見極めてみましょう。

>>Chapter Twoの無料相談会を見てみる

そのうえで納得できたり、良さそうだと感じたなら受講を申し込めばいいですし、『やっぱうさんくさいな…』などと感じたら別のスクールを探せばOKです。

After Effectsにこだわりがある方は、レバレッジエディットMOOCRES(ムークリ)などが『他のスクール』として候補になるでしょう。以下の記事ではそれぞれのスクールのメリット・デメリットなどを詳しく解説しています。

>>参考:レバレッジエディットの評判をディレクターが解説!

>>参考:MOOCRES(ムークリ)の評判を現役ディレクターが解説!

『別にAfter Effectsにはこだわらないけどな…』という場合は、以下の記事からあなたに合ったスクールを探してみてください。かなり選択肢が広くなりますよ。

>>現役ディレクターおすすめの動画編集スクールランキングTOP10!

Chapter Twoのメリット5選

バンザイしている女性
それでは、Chapter Twoのメリット5つについて詳しく見ていきましょう。

  • After Effectsを習得でき、高単価案件を獲得するうえで有利になる
  • 営業のノウハウを学べる
  • 講師が営業についてきてくれるので心強い
  • 1ヶ月間は無料で受講できるため安心
  • テストに合格すると仕事を紹介してもらえる

順番に解説していきます。

After Effectsを習得でき、高単価案件を獲得するうえで有利になる

chapter-twoのメリット①
出典元:Chapter Two

一般的に、After Effectsが必要な案件は高単価なものが多いです。

Premiere Proよりも習得が難しく、ソフトを使いこなせる技術者の数が少ないですからね。

あなたがAfter Effectsを使いこなせるようになれば、Premiere Proしか使えない編集者よりも大きくお金を稼いでいくことができるでしょう。

高単価案件を獲得するため、After Effectsに特化しているChapter Twoのカリキュラムは理にかなっていますね。

Chapter Twoを受講しAfter Effectsを習得すれば、あなたもこのような動画を作ることができるようになります。

どれもめちゃくちゃレベルが高いですね。

『かっこいいアニメションを作りたい』『低単価案件で消耗したくない』という方はChapter Twoに向いています。

なお、After EffectsとPremiere Proの違いは以下の記事で詳しく解説しているので、2つのソフトの特徴や違いについて知りたい方はお読みください。

>>参考:【稼ぐための使い分けは?】Premiere ProとAfter Effects!4つの違いを解説!

営業のノウハウを学べる

chapter-twoのメリット②
出典元:Chapter Two

Chapter Twoの大きな特長は『営業方法をガッツリ学べる』こと。数多くあるスクールの中でも結構レアです。

動画編集を始めた方は、今まで営業なんてしたことがない方がほとんどでしょう。

実際、営業が苦手な動画編集者はとても多いです。

『ソフトの使い方』と違って、学習するのが難しいんですよね…。

Chapter Twoの営業講座なら、名刺作りから商談まで、営業全体のノウハウをしっかりと学ぶことができます。

次に解説する『講師同伴』サービスと組み合わせることで、営業に関する苦手意識をなくすことができるでしょう。

講師が営業についてきてくれるので心強い

chapter-twoのメリット③
出典元:Chapter Two

Chapter Twoの受講生が営業に行くとき、3回まで講師が営業に同伴してくれます。

正直、これはめちゃくちゃ面白いサービスだと思いました。

いくら営業方法を学んでも、実際に営業をかけていくのは怖いですよね。

  • うまく営業トークをする自信がない
  • 相手の要望や悩みをちゃんと汲み取れるかな
  • 失礼があったらどうしよう…

などなど、不安や心配がたくさんあるでしょう。

でも、そんなときプロの講師が隣にいてくれたら…とても心強いですよね。

初めての営業でも安心して挑戦できる、この講師同伴サービス。これを活用して高単価な案件を勝ち取りましょう。

1ヶ月間は無料で受講できるため安心

chapter-twoのメリット④
出典元:Chapter Two

Chapter Twoは1ヶ月間、無料体験入学をすることができます。

体験してみて気に入らなかったら離脱してOK。

ぶっちゃけ『Chapter Two怪しいんじゃ…』と思っている人もいるでしょう。ですが、そんな方も安心です。

無料相談会でどんなスクールなのか確認 → 良さそうだったら無料体験入学 → 気に入ったらお金を払って受講、という段階を踏めるため、あなた自身で納得して決めることができるのです。

Chapter Twoに悪い口コミがあったからといって、無料で見極めることすら放棄してしまうのは、あまり賢い判断とは言えないでしょう。

ぜひ無料相談会 → 無料体験入学、という流れで生の情報に触れてみてください。

テストに合格すると仕事を紹介してもらえる

あなたがしっかりとChapter Twoを受講し、テストに合格するとスクール側から仕事を紹介してもらうことができます。

もし営業がうまくいかなくても安心ですね。

もちろん、スクールから仕事がもらえるからといって、他のクライアントに営業しちゃダメな理由はありません。

講師についてきてもらいつつ、どんどん高単価な案件を狙っていきましょう。

Chapter Twoのデメリット3選

badサインのシルエット
次に、Chapter Twoのデメリット3つについても解説していきます。

  • 受講料が高い
  • スキル習得まで時間がかかる
  • 悪い噂がある

受講料が高い

Chapter Twoの受講料は33万円。後ほど詳しく比較しますが、完全オンライン型のスクールとしてはかなり高いです。

『After Effectsに特化』『営業方法も学べる』というのがChapter Twoの特長。

この両方を重視するならChapter Twoがおすすめですが、初期投資を抑えたい方や、After Effects・営業にそれほど興味がない方は他のスクールを探してみるのも手でしょう。

>>参考:現役ディレクターおすすめの動画編集スクールランキングTOP10!

スキル習得まで時間がかかる

After EffectsはPremiere Proと比べて習得が難しいため、稼ぎ始めるまでにはどうしても時間がかかってしまいます。

その分、習得してしまえば高単価な案件を獲得できるようにはなるんですけどね。

『とにかく早く動画編集で稼ぎたい!』『今すぐ会社を辞めたい!』という方には、ちょっと向いていないかも。

最短で稼ぐためには、習得難易度が低いPremiere Proの方がおすすめです。

あなたの状況や考え方によって選び分けたいですね。

悪い噂がある

この記事のはじめにお伝えしたとおり、Chapter Twoには悪い噂も…。

噂がどこまでホントかは分かりませんが、受講料が33万円と高額なだけに、慎重に判断するのがおすすめです。

返金制度もないため、お金を払った後で『こんなはずじゃなかった!』と後悔しても遅いですからね。

いきなり受講するのではなく、事前に無料相談会でしっかりと話を聞きましょう。

類似のスクール5つと比較

分かれ道
Chapter Twoと同じ完全オンライン型のスクール5つを比較してみました。

スクール名 受講料 特長 リンク
レバレッジエディット 59,800円 ・最安値!
・After Effectsをしっかり学べる
公式サイト
個別記事
MovieHacks 69,800円 ・コスパ最強
・教材が分かりやすい
公式サイト
個別記事
クリエイターズジャパン 79,800円 ・オンラインサロンに入れる
・交流を重視する方向け
公式サイト
個別記事
studio US
(動画総合クリエイターコース)
165,000円 ・無料相談会あり
・講座の中でポートフォリオ制作
・案件獲得サポートで安心
公式サイト
個別記事
デジハク
(REGコース)
148,000円 ・無料相談会あり
・講座の中でポートフォリオ制作
・案件獲得サポートで安心
公式サイト
個別記事
デジハク
(PROコース)
248,000円 ・無料相談会あり
・講座の中でポートフォリオ制作
・案件獲得サポートで安心
・デザインとマーケティングも学べる
Chapter Two 330,000円 ・無料相談会あり
・After Effectsに特化
・営業ノウハウも学べる

 

表のとおり、この中ではChapter Twoが一番高いスクールです。

After Effects+営業にこだわりたい方にはChapter Twoがおすすめですが、それ以外の方は他のスクールを選ぶと出費を抑えることができる、ということは覚えておきましょう。

>>参考:【10万円以下!】安い動画編集スクール3選についてディレクターが解説!

あなたの目的を達成するためにAfter Effectsと営業ノウハウがどうしても必要かどうか、よく検討するのがおすすめです。

とはいえ、一人で考えていてもなかなか答えが出ないと思います。

そんな時間があるなら、Chapter Twoや気になるスクールの無料相談会に参加してみましょう。

無料でプロの講師に相談できる機会なんて、なかなかありませんからね。もちろん説明会では、あなたの個人的な悩みや不安をなんでもぶつけてOK。

実際に話を聞き、不安や疑問が解消されればスッキリできますよ。

>>Chapter Twoの無料相談会を見てみる

Chapter Twoに向いている人・いない人

3つの分岐
ここまで解説してきたメリット・デメリットなども踏まえて考えると、Chapter Twoに向いている人・いない人は

向いている人 向いていない人
・After Effectsに興味がある
・営業ノウハウを学びたい
・自宅で学習したい
・金銭的に余裕がある
・撮影などを現地で学びたい
・初期投資を抑えたい
・とにかく早く結果を出したい

 

こんな感じですね。

『自分に向いているかも』『Chapter Two興味ある』と思った方は無料相談会で詳しい情報をゲットしてみてください。

>>Chapter Twoの無料相談会を見てみる

Q&Aコーナー

FAQ
ここからは、Chapter Twoについてのよくある質問にお答えしていきます。

Q1.初心者でも大丈夫?

もちろん大丈夫です。

初心者から始める方もたくさんいますよ。

Q2.本業や子育てで忙しいんだけど大丈夫?

はい、大丈夫です。

むしろ、ほとんどの受講生が仕事をしながら学習を進めています。仲間ばっかりですよ。

Chapter Twoでは週に1回、2時間のオンライン授業があるのですが、時間の都合がつかない方も安心。

参加できなかったとしてもアーカイブで後から視聴することができます。

Q3.分割払いもできる?

はい、できます。

『最大で何回払いできるか』などはクレジットカード会社によって違うので注意してくださいね。

『Chapter Twoは怪しい?評判・口コミを現役ディレクターが解説!』のまとめ

  • Chapter TwoはAfter Effectsと営業ノウハウを学べるスクール
  • 一方で、怪しい噂も…
  • 事前に無料相談会でしっかりと確認しよう

ここまでお読みいただきありがとうございました!

>>Chapter Twoの無料相談会を見てみる