Written by Shigeru

【Adobe Premiere Pro】動画編集用PCの推奨スペック3項目と確認方法を解説!

STEP2:必要な2つのもの 動画編集

  • 動画編集をするにはどれくらいのスペックのPCが必要?
  • Premiere Proを使ってみたいけど自分のPCで動くか不安
  • PCには詳しくないのでスペックとかよく分からない・・・

こういったお悩みにお答えします。

Premiere Proを快適に動作させるためには高いスペックのPCが求められます。

しかし、必要なスペックについて具体的に理解していないと、PCの増設や買い替えが必要かどうかも判断できません。

この記事では、現役の動画編集ディレクターが初心者の方向けに動画編集用PCに最低限必要なスペック3項目と確認方法を解説しますので、最後まで読むことで動画編集のために準備すればいいPCの規準が分かります。

Adobe公式が示す推奨スペックを確認しましょう

シゲル
シゲル
ご自宅のPCのスペックと
見比べてみてください。
この記事を書いた人
シゲル 白背景アイコン
シ ゲ ル
  • 副業で動画編集を始め、半年後に月10万円を稼ぎフリーランスに
  • 動画編集者として200本以上を納品
  • 現役の動画編集ディレクターとして活動中

>>プロフィール
>>Twitterはこちら

 

動画編集用PC選びで失敗したくない方は、以下の記事も合わせてお読みください。
>>失敗しない動画編集用PC選びのポイント4選を徹底解説!【Premiere Pro】


動画編集する上で注目すべきスペック3項目

机の上のPC
動画編集用PCとしてスペックが重要になる項目は

  • CPU
  • メモリ
  • GPU

これら3項目です。

※SSDも重要なのですが、これらの3項目が十分高いPCであればほぼ間違いなくSSD搭載モデルのためここでは触れないものとします。

これら3つのスペックですが、よく分からない方も多いと思いますので順番に詳しく見ていきましょう。

CPU

CPUチップの画像
CPUはパソコンの『頭脳』にあたる演算装置で、処理能力に関わる部分です。

現在、IntelとAMDの2社がCPU市場のほとんどを占めています。あなたのPCにもほぼ間違いなくこの2社どちらかのCPUが搭載されているでしょう。

CPUの処理が速ければ速いほど作業時間も短縮でき、作業時のストレスも小さくなります。

CPUを交換するのはメモリ・GPUの交換・増設と比べて難易度が高いため、後から増設できないのがネックですね。1台のPCを長く使い続けたい方はCPUの性能にこだわるといいでしょう。

メモリ

メモリのアップ画像
次にRAM(メモリ)です。

メモリはCPUで処理した内容を記憶しておく領域で、容量が不足してしまうとパソコンの動作が極端に遅くなり、フリーズしてしまうこともあります。よく『作業机』に例えられますね。

動画編集では、動画の書き出し時などに多くのメモリ容量を使用しますので、非常に重要なパーツです。

GPU

GPUチップのアップ画像
GPUもCPUと同じ演算装置ですが、こちらは画像の処理に特化しています。

動画の編集や書き出しの際にCPUの処理を手伝ってくれるパーツです。

Premiere初期設定画面
Premiere Proの初期設定では、動画のレンダリング(書き出し)や再生にGPUが使われます。そのため、GPUのスペックが低いと動画の書き出しやプレビュー再生に時間がかかってしまい、スムーズに編集を進めることができません。

スペックの基準は2種類

暗闇のなかの2つのモニター
では、具体的にCPU・メモリ・GPUがどのくらいの性能を持っていればいいのかを見ていきましょう。

Premiere Proの販売元であるAdobe社は、ソフトを使うためのスペックの基準について

  • 最小スペック:Premiere Proが最低限使えるよ!
  • 推奨スペック:Premiere Proが快適に使えるよ!

この2つを示しています。どう違うのか、順番に解説しますね。

最小スペック

Adobe公式サイトでは

Adobe Premiere Pro を実行するには、以下に示す最小技術仕様をコンピューターが満たしている必要があります。

と記載されています。つまり『以下のスペックがあればPremiere Proを起動することはできますよ。サクサク動くかは知らないけど…』ということですね。

抜粋すると

  • CPU:Intel® 第6世代以降、AMD Ryzen™ 1000 シリーズ以降
  • メモリ:8GB以上
  • GPU:2GB以上

これらを満たしている必要があります。

このスペックを満たすPCの値段を調べてみると、だいたい7~10万円くらいが相場です。ご自宅のPCでも最小スペックを満たしているかもしれませんね。

スペックの確認方法は後ほど画像付きで解説します。

推奨スペック

では次に、推奨スペックの紹介です。

先ほどと同じAdobe公式サイトでは

最適なパフォーマンスを得るには、推奨されるシステム仕様を使用します。

と記載されており、Premiere Proを快適に使うためには

  • CPU:Intel® 第7世代以降、AMD Ryzen™ 3000 シリーズ以降
  • メモリ:16GB以上
  • GPU:4GB以上

これらを満たしている必要があります。先ほどの最低スペックと比べてみると

最低スペック 推奨スペック
CPU Intel® 第6世代以降
AMD Ryzen™ 1000 以降
Intel® 第7世代以降
AMD Ryzen™ 3000 以降
メモリ 8GB以上 16GB以上
GPU 2GB以上 4GB以上

 

推奨スペックではCPUの世代が新しくなっていたり、メモリは8GB → 16GB、GPUは2GB → 4GBと倍増していますね。

この推奨スペックを満たすPCは、安くても10万円以上はするでしょう。残念ながら、『自宅のPCがたまたま推奨スペックを満たしていた』という可能性は低そうです。

動画編集を仕事にするなら推奨スペックが必要

PCを打つ女性
『じゃあ基準が緩い最低スペックがあればいいや…』と考えている方はちょっと待ってください。

あなたが動画編集でお金を稼ぎたいのであれば、推奨スペックを満たしているPCが必要です。

『PCを買い替えたくない』『なるべく初期費用を抑えたい』という気持ちはよく分かるのですが、最小スペックしか満たしていないPCだとあなた自身がしんどい思いをすることになってしまいます。

受け取った動画素材が重いとフリーズしてしまう可能性が上がりますし、書き出しなどの作業にも余計に時間がかかるため、

また、動画編集者を募集しているクライアントの中には

PCスペックを確認している案件
このように、編集者が使っているPCのスペックを確認している人もいます。

仕事を依頼する側としては、十分なスペックを備えたPCを使いこなし、スムーズに動画を編集できる方にお願いしたいですよね。もしあなたのPCが最小スペックしか満たしていないと、お金を稼ぐ上で周りの編集者よりも不利になってしまうでしょう。

推奨スペックを満たすPCは高額ですが、必要経費と割り切って購入することをオススメします。

一方、『試しにPremiere Proを触ってみたい』という方で、自宅にあるPCが最小スペックを満たしている場合は、PC買い替えの前にPremiere Proを無料体験してみると良いでしょう。一度使ってみて気に入ったら、そのときは改めて推奨スペックを満たすPCを購入すればOKです。

コスパ最強でおすすめの動画編集用デスクトップPC3選については以下の記事で詳しく解説しています。

【新品 コスパ最強】
おすすめの動画編集用デスクトップPC3選!

» この記事を読む

自宅のPCのスペックを確認してみよう

ご自宅にPCがあり『買い替えずにPremiere Proを使えないかな』と考えている方は、まずPCのスペックを確認してみましょう。

必要なスペックは以下の通りでしたね。

最低スペック 推奨スペック
CPU Intel® 第6世代以降
AMD Ryzen™ 1000 以降
Intel® 第7世代以降
AMD Ryzen™ 3000 以降
メモリ 8GB以上 16GB以上
GPU 2GB以上 4GB以上

 

CPUのスペック確認手順

プロセッサのスペック確認
デスクトップにある『PC』のアイコンを右クリック→プロパティで『設定』画面を開き、『プロセッサ』の項目を確認してみてください。

CPUの世代確認
IntelのCPUは『Intel(R) Core(TM) i7-9700』などの型番で表され、この『9700』の頭の数字(この場合は9)が世代を表しています。

推奨スペックは第7世代以降なので、ここが7以上であればOKです。

第10世代以降だと5桁(10750など)になりますが、もちろん問題はありません。

メモリのスペック確認手順

メモリの確認手順はCPUと同じです。

メモリのスペック確認
『プロセッサ』の下にある『実装RAM』の右の数字で確認できます。

この数字が16GB以上あれば推奨スペックを見たしています。

GPUのスペック確認手順

GPUの確認方法は少し面倒なのですが

ディスプレイ設定のウインドウ
まずはデスクトップ上で右クリック→『ディスプレイ設定』

ディスプレイの詳細設定へ
下にスクロールしていくと『ディスプレイの詳細設定』が出てきますのでこれをクリック。

ディスプレイ1のアダプターのプロパティを表示する画面
『ディスプレイ1のアダプターのプロパティを表示します』をクリック。

プロパティ画面
すると、GPUの種類と容量が表示されますので、『専用ビデオ メモリ』の項目が4GB以上あるか確認しましょう。

推奨されるGPUについて

また、Adobe公式サイトの表では『推奨されるグラフィックカード』について記載されていますので、合わせてこちら(Adobe公式サイト)から確認しておきましょう。

『動画編集用PCの推奨スペック3項目と確認方法を解説!』のまとめ

Premiere Proを動かすための推奨スペックは

  • CPU:Intel® 第7世代以降、AMD Ryzen™ 3000 シリーズ以降
  • RAM(メモリ):16GB以上
  • GPU:4GB以上
シゲル
シゲル
PCのスペックは十分でしたか?

ここまでお読みいただきありがとうございました!

動画編集を学ぶならスクールがおすすめ

クラスの様子
動画編集を学ぶにあたって

  • どうやって勉強していけばいいの?
  • 正直、わけ分からんことばっか…
  • 誰か詳しい人教えてくれー!

このようにお悩みではありませんか?

もしあなたが最短で効率よく動画編集で結果を出し、人生を変えたいのであれば、独学ではなく信頼できるスクールに入るのがおすすめです。

独学だと、もともと勉強の効率が悪いことに加え、自分のスキルを客観的に測ることもできません。

『あと何を勉強すればいいんだろう』『もう自分のスキルは十分なんだろうか…』と迷いながら進むことになってしまうんですよね…。

きちんと賢く動画編集を学んでいる人たちと比べて、結果を出すのがとても遅くなってしまいます。

私も独学で動画編集を始めたため、数多くの失敗や遠回りをしてしまいました。

同期だと思っていた方たちが次々と結果を出していく一方、私は思うように稼げず、何が悪いのかすらわからずに悩んでいたのです。

私のようにノロノロと独学で勉強し、周りの編集者に置いていかれたくない方は、スクールに入って効率的に進んでいくのがおすすめです。

スクールに入れば、しっかりと体系的・網羅的に動画編集を勉強することができます。

『次に何を勉強すればいいんだろう』などと迷う必要はありません。

さらに、スクールによっては、受講が終わったあとに仕事を紹介してくれるところも。

『最短で稼げるようになりたい!』という方はぜひ検討してみてください。

まとまった勉強時間が取れない副業の方には、特におすすめです。

現役ディレクターがおすすめする動画編集スクールTOP10はこちらの記事で詳しく紹介しています。

>>現役ディレクターおすすめの動画編集スクールランキングTOP10!

ここまでお読みいただきありがとうございました!