Written by Shigeru

【使いこなせ!】動画編集初心者向けエフェクト入れのコツ3STEP!【Premiere Pro】

STEP5:月10万円までのテクニック集 動画編集

  • どのエフェクトを選べばいいのか分からない
  • エフェクトを削除するように指示されてしまった
  • 無料で使えるエフェクトがほしい!

こういったお悩みにお答えします。

動画編集をする上でエフェクトは欠かせない存在です。

しかし、的外れなエフェクトを入れてしまうと視聴者が違和感を抱き、動画から離脱する原因になってしまいます。

この記事では、現役の動画編集ディレクターが初心者の方向けにエフェクトを入れるコツを3STEPで解説しますので、最後まで読むことでシーンに合ったエフェクトの入れ方が分かります。

エフェクトを入れるときは3STEPで考えよう

シゲル
シゲル
しっかり考えることで
編集者としても成長できます。
この記事を書いた人
シゲル 白背景アイコン
シ ゲ ル
  • 副業で動画編集を始め、半年後に月10万円を稼ぎフリーランスに
  • 動画編集者として200本以上を納品
  • 現役の動画編集ディレクターとして活動中

>>プロフィール
>>Twitterはこちら

 

エフェクト以外にも、月10万円達成までに知っておきたいテクニック・ノウハウはこちらの記事で解説しています。
>>初案件獲得~月10万円までのテクニック・ノウハウ集!


エフェクトを入れるコツ3STEP

水面に落ちる水滴
シーンに合ったエフェクトを入れるコツは

  • STEP1:エフェクトの目的を理解する
  • STEP2:そのシーンに入れたいエフェクトを考える
  • STEP3:1と2がマッチングしたエフェクトを使う

この3STEPです。

順番に解説します。

STEP1:エフェクトの目的を理解する

まずはそのエフェクトの目的を理解することから始めましょう。

世の中にはたくさんのエフェクトがありますが、それぞれ異なった目的があります。

その目的を理解していないと、そもそもエフェクトを使うことができません。

初心者の方ほど『エフェクトをたくさん使っている』=『編集スキルが高い』と勘違いしがちです。

そのため、的外れなエフェクトを多用してしまうんですね。

これを防ぐために、エフェクトの目的を考えることが大事です。

シゲル
シゲル
具体例を見ながら解説していきます。

エフェクト例:『集中線』の目的

集中線のエフェクト
『集中線』は上の画像のようなエフェクトで、YouTube動画でよく使われています。

このエフェクトの目的について考えていきましょう。

大事なのは『このエフェクトを視聴者が見たときにどうなるか』を考えることです。

真ん中の部分に注目しますね。
初心者の方
初心者の方

ということは…

集中線の目的は『中心部分に視聴者の視線を引き付けること』となります。

STEP2:そのシーンに入れたいエフェクトを考える

次に、動画のシーンごとに入れたいエフェクトを考えてみましょう。

1本の動画でもいろいろなシーンがありますからね。

出演者が喜んでいるシーンなら『喜び』を強調、泣いているシーンなら『悲しみ』を強調したいですね。

同じように、ドヤ顔をしているシーンでは出演者の顔を強調したいです。

出演者の動きと話している内容から、そのシーンに合ったエフェクトを考えましょう。

STEP3:1と2がマッチングしたエフェクトを使う

そのシーンに入れたいエフェクトが決まったら、目的が一致するエフェクトを選びましょう。

例えば出演者の顔に注目を集めたい、ドヤ顔のシーンがあったとします。

この場合、『注目を集めるエフェクトはないかな?』と手持ちを探してみましょう。

集中線が『中心に注目を集める』エフェクトでしたね。
初心者の方
初心者の方

『エフェクトの目的』と『シーンに入れたいエフェクト』が一致したため、『このシーンでは集中線を入れよう』と決まります。

画面中央にアイコンと集中線
この3STEPで進めると、シーンに合ったエフェクトを入れることができます。

的外れなエフェクトの例

的外れなエフェクトの入れ方も見ていきましょう。

ずれた集中線
この画像のような集中線の使い方はNGです。

シゲル
シゲル
注目させたいものが中心にありません。

STEP2の『シーンに入れたいエフェクトを考える』ことはできていますね。

しかし、STEP1の『エフェクトの目的を理解する』ことが不十分なため、間違った使い方をしてしまうのです。

このシーンでは、強調したい対象が中心からずれた位置にいます。

そのため『中心を強調する』集中線をそのまま使っても的外れな入れ方になってしまうのです。

シゲル
シゲル
中心の『空白』を強調している状態です。
もしくは後頭部…。
初心者の方
初心者の方

エフェクトの目的が分かっていれば応用も簡単

集中線の目的が分かっていれば

左に調整された集中線
このように応用できます。

集中線の中心が移動していますね。
初心者の方
初心者の方

強調したい対象物が画面の中心にいない場合は、集中線を拡大+移動すればokです。

このシーンに合ったエフェクトの使い方になっていますね。

シゲル
シゲル
出演者の位置を画面中心に動かせるならそれでもOKです。

しっかりエフェクトを選ぶことは成長するためにも重要

成長している芽
しっかりと考えてエフェクトを選ぶことは、あなたが成長するためにも重要です。

適当にエフェクトを選んでいると、クライアント・ディレクターから修正を指示されても何も学ぶことができません。

その結果、いつまで経ってもあなたの編集スキルは上達しないままです。

自分なりの考えがあれば『この考え方は違ったのか…』と改善できますし、考え方についてクライアント・ディレクターに相談することもできます。

爆速で成長するためにも、しっかりと自分なりに考えることが大事なのです。

エフェクト素材を無料でダウンロードできるサイト

えふすとトップページ
出典元:動画素材サイト「えふすと f-stock」

ここまでご紹介してきた『集中線』をはじめ、たくさんのエフェクト素材を提供してくれています。

シゲル
シゲル
頻繁にお世話になるのでブックマーク推奨です。

『えふすと』からのダウンロードや使い方については以下の記事で詳しく解説しています。

【ハート・炎・光】無料エフェクトの
使い方を2STEPで解説!

» この記事を読む

『エフェクトを入れるコツを3STEPで解説』のまとめ

  • STEP1:エフェクトの目的を理解する
  • STEP2:そのシーンに入れたいエフェクトを考える
  • STEP3:1と2がマッチングしたエフェクトを使う
シゲル
シゲル
えふすとのエフェクトを
実際に使ってみましょう。

動画編集を学ぶならスクールがおすすめ

クラスの様子
動画編集を学ぶにあたって

  • どうやって勉強していけばいいの?
  • 正直、わけ分からんことばっか…
  • 誰か詳しい人教えてくれー!

このようにお悩みではありませんか?

もしあなたが最短で効率よく動画編集で結果を出し、人生を変えたいのであれば、独学ではなく信頼できるスクールに入るのがおすすめです。

独学だと、もともと勉強の効率が悪いことに加え、自分のスキルを客観的に測ることもできません。

『あと何を勉強すればいいんだろう』『もう自分のスキルは十分なんだろうか…』と迷いながら進むことになってしまうんですよね…。

きちんと賢く動画編集を学んでいる人たちと比べて、結果を出すのがとても遅くなってしまいます。

私も独学で動画編集を始めたため、数多くの失敗や遠回りをしてしまいました。

同期だと思っていた方たちが次々と結果を出していく一方、私は思うように稼げず、何が悪いのかすらわからずに悩んでいたのです。

私のようにノロノロと独学で勉強し、周りの編集者に置いていかれたくない方は、スクールに入って効率的に進んでいくのがおすすめです。

スクールに入れば、しっかりと体系的・網羅的に動画編集を勉強することができます。

『次に何を勉強すればいいんだろう』などと迷う必要はありません。

さらに、スクールによっては、受講が終わったあとに仕事を紹介してくれるところも。

『最短で稼げるようになりたい!』という方はぜひ検討してみてください。

まとまった勉強時間が取れない副業の方には、特におすすめです。

現役ディレクターがおすすめする動画編集スクールTOP10はこちらの記事で詳しく紹介しています。

>>現役ディレクターおすすめの動画編集スクールランキングTOP10!

ここまでお読みいただきありがとうございました!