Written by Shigeru

【Premiere Pro】風の音などのひどい雑音をきれいに消すエフェクトを紹介!【プロが解説】

STEP5:月10万円までのテクニック集 動画編集

  • 風の音で演者の喋り声が聞こえづらい
  • クロマノイズ除去じゃダメだった…
  • Premiere Proだけで雑音を減らす方法を教えて!

こういったお悩みにお答えします。

動画の撮影環境が悪いと、風の音などのひどい雑音が入っていることがあります。

そのまま編集しようとすると、話の内容が聞き取れずテロップも入れられませんし、視聴者にも内容が伝わりません。雑音まみれの音声なんて聞いていて不快なので、動画から離脱してしまう人も多いでしょう。

この記事では、現役の動画編集ディレクターが初心者の方向けに風の音などのひどい雑音をきれいに消すエフェクトを解説していきますので、最後まで読むことで雑音だけを減らし、聞き取りやすい音声にする方法が分かります。

『ハイパス』というエフェクトを使ってみましょう

シゲル
シゲル
指定した周波数を
カットしてくれるエフェクトです。
この記事を書いた人
シゲル 白背景アイコン
シ ゲ ル
  • 副業で動画編集を始め、半年後に月10万円を稼ぎフリーランスに
  • 動画編集者として200本以上を納品
  • 現役の動画編集ディレクターとして活動中

>>プロフィール
>>Twitterはこちら

 

他にも月10万円達成までに知っておきたいテクニック・ノウハウはこちらの記事で解説しています。
>>初案件獲得~月10万円までのテクニック・ノウハウ集!



クロマノイズ除去では消せない雑音も多い

耳をふさぐ男性
雑音を消すときに定番のクロマノイズ除去ですが、風の音など一部の雑音には効かない場合もあります。

以下の素材のように風の音が入ってしまっている場合、どのように対処すればいいのかを見ていきましょう。

今回のサンプル素材

今回使うのは、こちらの動画素材です。

風の音がうるさいです。棒読みちゃんで読み上げた音声が入っているのですが、雑音のせいで聞き取りづらいですね。

読み上げの音声自体も少し小さいため、聞き取りやすくするために音量を上げたいところです。しかし、このままボリュームを上げると風の音も大きくなってしまい、音声が割れてしまいます。

音量を上げるためにも、まずは雑音を消す必要がありますね。

では、定番のクロマノイズ除去をかけてみましょう。使い方については以下の記事で詳しく解説しています。

簡単に音声ノイズを除去する
エフェクト2選!

» この記事を読む

こちらがクロマノイズ適用後との比較です。

少しはマシになった気もしますが、相変わらず風の音がうるさく、声は聞き取りづらいままです。この状態で納品するのは気が引けますね。

残念ですが、他の手を考えましょう。

風の音をきれいに消すエフェクト

ギターを弾く女性
この雑音を消すためには、ハイパスを適用するのがおすすめです。

聞いたことないエフェクトですね…。
初心者の方
初心者の方

ハイパス:指定した周波数をカットする

ハイパスについて、Adobe公式サイトでは

指定したカットオフ周波数より低い周波数を除去します。
低音域のノイズやこもり音を軽減するために使用します。

と説明されています。

ハイパスは、風の音など周波数の低い雑音を消すのに有効なエフェクトです。一方、子どもの叫び声など周波数の高い雑音に対してはまったく効果がありません。

また、ハイパスで低周波数帯をカットしすぎてしまうと、演者の声が平べったくなってしまいますので、やりすぎには注意です。

それでは、実際にハイパスを適用させて、使い方や効果を見ていきましょう。

ハイパスの適用方法

ハイパスの使い方①
エフェクトで『ハイパス』を検索し、適用したいオーディオクリップにドラッグ・アンド・ドロップで適用します。

ハイパスの使い方②
次に『カットオフの周波数』を調整して、ハイパスの適用範囲を決めましょう。例えば1,000Hzを指定すると、1,000HZ以下の周波数をカットしてくれます。

うまく調整して、演者の声を消さずに風の音だけが消えるようにしましょう。これには完璧な正解はありませんので、いろいろと試してみるしかありません。とはいえ、数字を入力するだけなので簡単ですね。

今回は800Hzを指定したので、800Hz以下の周波数帯はカットされています。これで聞き比べてみると

ハイパス適用後は風の音がほとんど聞こえなくなっていますね。もちろん全体のボリュームは変えていません。

かなりいい感じではないでしょうか。

このように、特定の周波数の雑音だけを消したい場合にハイパスは有効なエフェクトです。ぜひ試してみてください。

なお、高い周波数の雑音(子どもの叫び声など)を消したい場合は『ローパス』というエフェクトがありますので、同じように適用すればOKです。

雑音を完璧に除去するのは無理なことも多い

白背景にヘッドホン
複数の雑音が入っている場合など、編集では完璧に消せないことも多いです。

雑音のない動画を作るうえで最も効果的なのは撮影時に気をつけてもらうことですからね。

『どうしても雑音が残っちゃうなぁ…』という場合は、やれることをやったうえでクライアント・ディレクターに相談しましょう。

この記事に貼ってある動画のように、もとの状態と編集後の状態を聞き比べられるようにして相談すると、あなたが頑張ったことも分かってもらいやすいのでおすすめです。

『風の音などのひどい雑音をきれいに消すエフェクトを紹介!』のまとめ

  • クロマノイズでは消えない雑音も多い
  • ハイパスでいらない周波数をカットしよう
  • やりすぎると声質が変わるので注意
シゲル
シゲル
雑音への対応の幅で
他の編集者に差をつけましょう。

動画編集を学ぶならスクールがおすすめ

クラスの様子
動画編集を学ぶにあたって

  • どうやって勉強していけばいいの?
  • 正直、わけ分からんことばっか…
  • 誰か詳しい人教えてくれー!

このようにお悩みではありませんか?

もしあなたが最短で効率よく動画編集で結果を出し、人生を変えたいのであれば、独学ではなく信頼できるスクールに入るのがおすすめです。

独学だと、もともと勉強の効率が悪いことに加え、自分のスキルを客観的に測ることもできません。

『あと何を勉強すればいいんだろう』『もう自分のスキルは十分なんだろうか…』と迷いながら進むことになってしまうんですよね…。

きちんと賢く動画編集を学んでいる人たちと比べて、結果を出すのがとても遅くなってしまいます。

私も独学で動画編集を始めたため、数多くの失敗や遠回りをしてしまいました。

同期だと思っていた方たちが次々と結果を出していく一方、私は思うように稼げず、何が悪いのかすらわからずに悩んでいたのです。

私のようにノロノロと独学で勉強し、周りの編集者に置いていかれたくない方は、スクールに入って効率的に進んでいくのがおすすめです。

スクールに入れば、しっかりと体系的・網羅的に動画編集を勉強することができます。

『次に何を勉強すればいいんだろう』などと迷う必要はありません。

さらに、スクールによっては、受講が終わったあとに仕事を紹介してくれるところも。

『最短で稼げるようになりたい!』という方はぜひ検討してみてください。

まとまった勉強時間が取れない副業の方には、特におすすめです。

現役ディレクターがおすすめする動画編集スクールTOP10はこちらの記事で詳しく紹介しています。

>>現役ディレクターおすすめの動画編集スクールランキングTOP10!

ここまでお読みいただきありがとうございました!