Written by Shigeru

プロフィール

この記事を書いた人
シゲル 白背景アイコン
シ ゲ ル
  • 会社員に絶望し、退職届を叩きつけることを決意
  • 副業で動画編集を始め、半年後に月10万円を稼ぎフリーランスに
  • 動画編集者として200本以上を納品
  • 現役の動画編集ディレクターとして活動中

>>Twitterはこちら

 

はじめまして、シゲルです。

ここはプロフィールページです。自分語りしかないよ。乱文ダヨ。

お前偉そうだけど、ホントに編集できるの?

い、一応…。

編集者の頃、よく営業に使ってた実績動画はこのあたり

今見ても、どっちもしっかりした編集だと思うんだけど、どうでしょうか?

動画編集エアプじゃないよ、ということだけ分かってもらえれば幸いです。

なんで動画編集始めたん?

それはもう、当時勤めていた会社が嫌だったから。

2020年の夏。

月曜朝の満員電車

同僚の尻拭い

上司の都合だけで降ってくる残業

そもそも興味のない仕事

『誰かの役に立ってんの?コレ』なんて思いながら、死んだ目で働いていました。

今思い返せば、事務仕事で成果が見えづらかったこともひとつの原因でしょう。

しかもね、自分が頑張れば頑張るほど大変になっていくんですよ、仕事って。

私頑張る → 『お!シゲル動けるやん!じゃあこれもやっといて』の無限ループ。

まあそんな体質の組織だったんですよ。よくある話。

真面目な人ほど損をする、そんな会社の中で、心身を病んでしまった優秀な先輩もいました。

『俺もいつか病むんじゃね?もし健康だったとしても、これをあと30年以上も続けんの?』

いやいやいや。むりむりむり。へるぷみー。

と言っても誰も助けてはくれません。仕方ないので『このクソ会社以外で、何とか金稼げねぇかな』と思ったわけです。

まずは『副業 稼げる』で検索。あなたもしたでしょ?

まあなんかいろいろ出てくるんですけど、その中で目に留まったのがプログラミングと動画編集。

せどりとかも出てきた気がするけど、スキルが身につかないものは却下。

ただの事務職だった私は、スキルへの憧れがあったのかもね。

動画編集のほうが楽だよー、的な記事があった気がするので、動画編集を中心に勉強をはじめました。それが2020年の7月。

いつ動画編集で稼げるようになったん?

動画編集で初めて報酬をもらえたのは2020年の9月。Premiere Proを初めて触ってから3ヶ月目のことでした。

それまでは、YouTube動画で勉強して、ポートフォリオ作って、クラウドソーシングサイトで営業して…という、よくある流れ。

サラッと書いたけど、多くの人はここで挫折すると思います。体感9割くらい。

『編集の仕方よく分からん』

『ポートフォリオってどう作ればいいの?ダル…』

『案件に応募しても返信すらないんだけど?』

ホントに稼げるかどうかも分からない状態で、貴重な休みを使って、こんな作業したくないよ。誰だって。

私も、『クソ会社辞めてぇぇぇぇぇ!』と思っていなかったら、間違いなく挫折していた自信があります。もともと怠け者だし。

会社に対するネガティブな感情で挫折ポイントを乗り越えたら、あとはどんどん稼げるようになっていきました。

ブログも同じなんだけど、やっぱ0→1がムズイんよ。

特に動画編集者は(まともな人が)全然足りてないんで、実績ができてきたら案件に困ることはないはず。

ぶっちゃけ、次から次へと依頼が入ってきます。

『いただいた案件を断るなんて恐れ多い!』という雑魚マインドの私は当然すべてを受注。

まだ慣れてないから作業もクッソ遅いので、『ん?コレいつ寝るんや?』という生活が始まります。2022年の11月くらい。

平日の夜間と休日のすべてを動画編集にささげ作業量でぶん殴った結果、月10万円はなんとか達成することができたものの、こんなのとても持続不可能。

今振り返っても、もう2度とやりません。死ぬ。

さて、死なないためにどうしようか。睡眠時間を確保するために動画編集にブレーキをかける?せっかく稼げるようになってきたのに?

いやいや、もっとムダな時間あるやん。本業よ本業。

現状でも月10万円稼げるなら、本業化すれば20万は稼げるはず。もちろん単価も上がっていくだろうから、とりあえず生活できそうだな。

そう判断して、年末には会社を辞めてフリーランスに。

生活費さえ動画編集で稼げるなら、会社にはなんの未練もなかったしね。こんにちは自由。

そんなわけでフリーランスの動画編集者としてデビューし、その後ディレクターにもなったわけなんだけど、そのあたりのノウハウ・テクニックは他の記事やツイートと被るんで割愛します。

もし興味があればTwitterでもフォローしてくださいな。

そんなヤツがなんで今ブログやってるん?編集で稼げや

実は動画編集とブログってかなり近いんですよ。動画は文章からできてるから。

動画編集をしていると『内容が分かりづらいなぁ』って思う動画をクライアントから渡されることがよくあるんです。

同じことを何回も話す

話が脱線しまくる

結局何が言いたいのか分からない

元の動画がこんな状態だと、編集でなんとかするのも難しい。カット入れまくりで画面はカクカクしちゃうし。

で、そういう動画ってやっぱり伸びないんですよね。

じゃあ、分かりやすい動画と分かりづらい動画の違いってなんなの?と言うと、台本の有無(質もだけどね)。

きちんと台本を作って、それを基にカメラの前で話せば、理路整然と分かりやすい動画のできあがり。

上でも紹介した『おさるイングリッシュ』なんかはまさにその典型。台本をめちゃくちゃしっかり作りこんでるんですよ。だから分かりやすい。

良い動画には、良い台本が必須なんです。動画の土台は文章でできているんですよ。

だから動画編集者がライティングに興味を持つのは自然なことだと思います。

『台本まで書けるようになれば単価も爆上がり』というのも事実だしね。

で、文章がうまくなるにはどうしたらいい?

書くしかないんです。

でも何を?

結婚もしてない、子どももいない、何のとりえもない、引きこもりの私が。書くことなんてないよ。毎日家だし。

『じゃあ、動画編集について書いてみるか。そこそこ詳しいし』って思いつくのは自然な流れだったでしょう。

そんなわけで、『ブログで稼ぐ』というよりライティングスキルを身につけるためにこのブログを始めました。

だからこのブログって、1円にもならない記事ばっかりなんですよ。

私がブログで収益を出すには、記事に貼ってあるリンクをクリックして商品をあなたに買ってもらう必要があるんです。いわゆるアフィリエイト。

でも

『おすすめのフリーフォント10選!』

『きれいなクロマキー合成のやり方!』

『カウントダウンタイマーの作り方!』

こんな記事を読んでも、あなたが買うものって何もないでしょ?なるほどな~、と思って編集作業に戻るだけ。

だから私には1円も入らないんですよ。

最近はやっと動画編集スクールとかの(収益につながる)記事も書きはじめたけどね。

そこでほんの少しづつ収益が出始めたので、『もうちょっとブログ続けてみようかな』という感じ。

やっぱりダメだったら動画編集者やディレクターに完全復帰する予定です。さすがに儲からないブログをいつまでも続けてはいけないし。

というわけで、このブログの記事が役に立ったなと思った方は、おすすめしている商品のリンクをジャンジャン踏んでね(宣伝)。

特に動画編集スクールの無料相談会。無料だよ。プロになんでも相談できるよ。私が儲かるよ。いいことしかないね。

一方、『こいつに儲けさせたくねぇ』って方は、遠慮なく情報だけ持っていって。

欲を言えば、役に立った記事はTwitterで共有してもらえると励みになります。

『有益な情報をツイートする』というのはあなた自身のためにもなるし。

動画編集を頑張っているあなたに

動画編集を頑張っている人に伝えたいことは、『とっとと稼げ』ということ。

あなたが選んだ道は間違ってないよ。

私はプログラミングで稼ぐのはあきらめたし、ブログは1年近くやって月3万円しか稼げなかった。

でも動画編集なら、半年で月10万円稼げたんですよ。副業なのに。

だからなるべく早く結果を出したい人には、やっぱり動画編集がおすすめ。即金性が高い。

とっとと稼いで、とっとと人生を変えましょう。

多くの動画編集者(を目指す人)が挫折するのは、稼げないから。『動画編集で月100万稼げたけど挫折しました』なんて話は聞いたことがない。

だから、あなたが挫折したくなければ、稼ぐしかありません。

会社を辞めたくて、離婚後に自力で生活できるようになりたくて、日々の生活を豊かにしたくて、老後の不安を解消したくて。

動機はなんでもいいんだけど、稼ぐために動画編集を始めたんなら、稼がなきゃ。

『挫折するために横のつながりを作ろう』とかよく聞くけど、友達100人できようが富士山の上でおにぎり食べようが、稼げなきゃあなたの悩みは何一つ解決されないんですよ。

会社は辞められないし、離婚はできないし、生活は豊かにならないし、老後の生活資金は足りないまま。

だから、なりふり構わず稼ぎましょう。

というわけでここからは、本気で稼ぎたいあなたにおすすめする動画編集スクールの紹介に入ります。

待って、嘘だから。こんなところまで読んでくれたんだから閉じないで。もうちょっとで終わるから。

でも、『何も失わずに人生を変えたい』って思ってる人が多すぎるのでは?と感じてるのは本当。

あなたは動画編集で稼ぐために、何を犠牲にしてきましたか?どこまでの犠牲なら許容できますか?

PCを1台買っただけ?休日になんとなく編集ソフト触ってるだけ?スクールは高いから嫌?それで生活費を稼ぎたい?人生を変えたい?

冷静に思い出してみましょう。例えば、あなたは今の会社に入るために何を犠牲にしましたか?

就活にかけた時間や交通費はもちろん、学歴を得るための学費や勉強時間までカウントすればキリがありませんね。

あなたのこれまでの人生の、結構な割合でしょう。時間にしたら何万時間、お金にしたら何百万円とか。

それほどの犠牲を払ってまで手に入れた、今の『会社員』という立場。

そんな会社を辞めて、『その代わり』に動画編集をしようと考えているのに、あなたが動画編集に対して払うのはPC1台分のお金だけ?

計算合ってます?なんかおかしくないですか?

動画編集を副業にしたいと考えている人も同じ。

あなたが会社からもらえる給料の5分の1を動画編集で稼ぎたいなら、会社員になるまでに費やしてきたお金や時間の5分の1を動画編集に投資したってバチは当たらないはず。

それなのに、目先の投資をケチって多くの人が挫折していく…。

そういう人を見るたびに『もったいないなぁ』と思ってしまうわけです。エサはつけないけどデカい鯛は釣りたい!なんて、そりゃあ無理やろ、と。

だから、時間かお金。本気で動画編集で稼ぎたいなら、あなたにもせめてもう少し投資してほしいなと思います。挫折しないために。

時間を投資するなら、周りがドン引くくらい作業しましょう。私はこのタイプ。独学なので、本業の勤務時間を超えるくらいは作業してました。

お金を投資するなら、実際はスクールくらいしかありません。超高性能なPCを買ったって、別に稼げるようにはならないんで。

『独学のヤツがスクールすすめんなや』って意見もあるかもしれませんが、私は最近になってMovieHacksというスクールに入りました。『ブログでいいレビュー記事を書きたい』それだけの理由で。

どうせなら初心者のころに入りたかったですけどね。そうすればもっと早く会社辞めれてたと思うし。

スクールに入るなんてその程度のこと。だからそれをケチった結果挫折するなんて、もったいないなぁと思うわけですよ。私が編集者になってから、一体どれだけの動画編集者が消えていったことか。

あなたも、かつての私のように、趣味はもちろん睡眠や食事の時間まで犠牲にする覚悟と体力があるなら独学でも大丈夫。

でも、そこまで動画編集に賭けたくない人は、せめてお金くらいは投資しないとね。

稼ぎたいなら。