Written by Shigeru

動画編集用モニターのリフレッシュレートは60Hzで十分!コスパ重視で購入しよう!

STEP2:必要な2つのもの 動画編集

  • 動画編集用にはどんなモニターを買えばいいの?
  • リフレッシュレートが低いと悪影響はある?
  • なるべくコスパのいいモニターを買いたい!

こういったお悩みにお答えします。

動画編集用のモニターって、何にこだわればいいのかよく分からないですよね。

画面の大きさ?解像度?リフレッシュレート?というか、そもそもリフレッシュレートって何?高い方がいいの?

こんなふうによく分からないままリフレッシュレートがムダに高いモニターを買って、お金をムダにしてしまっている方もいます。

この記事では、現役の動画編集ディレクターが初心者の方向けに動画編集用モニターのリフレッシュレートが60Hzで十分な理由について解説しますので、最後まで読むことで安心してコスパのいいモニターを購入することができます。

リフレッシュレートは気にしなくてOK!

シゲル
シゲル
コスパで選びましょう。
この記事を書いた人
シゲル 白背景アイコン
シ ゲ ル
  • 副業で動画編集を始め、半年後に月10万円を稼ぎフリーランスに
  • 動画編集者として200本以上を納品
  • 現役の動画編集ディレクターとして活動中

>>プロフィール
>>Twitterはこちら

 

動画でサクッと学びたい方はこちら

動画編集用のおすすめPCについてはこちらの記事で解説しています。
>>コスパ最強の動画編集用デスクトップPCおすすめ3選!


リフレッシュレートとは:
モニターが1秒間に映像を更新する数

キレイな風景画映されているモニター
リフレッシュレート(垂直走査周波数)とは、1秒間にモニター上で映像が更新される回数のことです。

シゲル
シゲル
パラパラ漫画を
イメージしてみてください。

リフレッシュレートの単位はHz(ヘルツ)で表され、例えば『60Hz』のモニターであれば1秒間に60枚のページがめくられます。

ページの枚数が多い=リフレッシュレートが高いほど、いわゆる『映像がぬるぬる動く』状態になります。

実際、違いなんて
分かるのかな。
初心者の方
初心者の方
シゲル
シゲル
動画で比較してみましょう。

こちらの動画では240Hz・144Hz・60Hzの3種類のリフレッシュレートをスローモーションで比較しています。

60Hzだと『コマ送り』のように見えませんか?一方、240Hzだとキャラクターがとてもスムーズに動いていますね。

FPSや格闘ゲームなどの僅かな反応の遅れが勝敗に直結するゲームなどでは、リフレッシュレートが特に重要になります。

動画編集者にとってはどうなの?
初心者の方
初心者の方

動画編集者は60Hzモニターで十分

夕日に向かって手を広げている女性
もしあなたが動画編集用モニターについて迷っている場合、リフレッシュレートが60Hz以上あれば問題ありません。

現在売られている新品モニターはほぼすべて60Hz以上のリフレッシュレートに対応しているため、結論としては『気にしなくて大丈夫』です。

そもそも、YouTubeは『60fps』という、1秒間に60ページがめくられる動画までしか対応していません。

※動画の『1秒あたりフレーム数』を表すときには『Hz』ではなく『fps(frames per second)』を用いますが、同じようにパラパラ漫画のページ数と考えてもらえればOKです。

そのため、いくらあなたが高い(240Hzなどの)リフレッシュレートに対応したモニターを持っていても、YouTubeを見るときは意味がないのです。

モニターは頑張って1秒間に240回も画面を更新しているが、もともとの動画が1秒間に60ページしかない、という状態。

頻繁に更新するだけムダですよね。

上の動画のように、240Hzで動画を視聴したい(orゲームしたい)場合は

  • 元の動画が240fps以上で作られている
  • モニターのリフレッシュレートが240Hz以上である

という2つの条件を両方満たす必要があるのです。

※正確には、240fpsで描画するためのグラフィックボードも必要になります。

YouTubeにアップロードできる動画が最大でも60fpsである現状、それを超えるリフレッシュレートに対応したモニターを持っていても仕方ないですよね。

もちろん、あなたが動画編集の依頼を受けるときも、60を超えるfpsの動画を求められることはないでしょう。

YouTube以外だとどうなの?
初心者の方
初心者の方

参考:YouTube以外のfps

大まかな媒体ごとのfpsは

  • 映画:24fps
  • テレビ(通常):30fps
  • テレビ(高画質):60fps

このようになっていますので、YouTubeに限らず、普通に動画を視聴する上では60Hzのリフレッシュレートがあれば十分です。

シゲル
シゲル
ゲーマー以外は気にしなくてOK
というのが結論です

リフレッシュレートが高い場合のデメリット

体育座りしている男性
必要な場面は少ないとはいえ、『リフレッシュレートが高いに越したことはないのでは?』とお考えの方もいるかもしれません。

しかし、リフレッシュレートが高いほどPCの消費電力が上がり、処理に必要なリソースも増えます。

PCにとって『高い頻度で映像を更新する』という追加の作業が求められますからね。

動画を編集するとき、Premiere ProなどのソフトによりPCには高い負荷がかかります。

複雑なエフェクトを使ったときや書き出しのときなど、PCの処理が重くなったことがある方も多いでしょう。

そんな中、無意味な画面の更新にPCのリソースを割きたくはないですよね。

リフレッシュレートは最低限にした方がいい、ということは覚えておきましょう。

リフレッシュレートの設定は変えられる

高いリフレッシュレートに対応したモニターであっても、設定によりリフレッシュレートを下げることは可能です。

よく確認せずにリフレッシュレートが高いモニターを使っている方も、いつでも60Hzに変更することができるのです。

『自分のモニターのリフレッシュレートなんて知らないよ』という方も多いと思いますので、一度確認してみてはいかがでしょうか。

これを応用すれば、消費電力やリソースを抑えるため

  • 普段は60Hzに設定
  • ゲームをするときだけ240Hzに設定

といった使い方もできます(めんどくさそうですけど…)。

どうやって設定するの?
初心者の方
初心者の方

リフレッシュレートの確認・設定方法

ディスプレイ設定
まずはデスクトップ上で右クリックし、『ディスプレイ設定』をクリックします。

ディスプレイの詳細設定
『マルチ ディスプレイ』の項目にある『ディスプレイの詳細設定』を選びましょう。

リフレッシュレートの確認画面
すると、上から3つ目の項目でリフレッシュレートを確認することができます。

リフレッシュレートを変更したい場合は、少し下にスクロールすると

リフレッシュレートの設定画面
このタブから設定することができます。

特に必要もないのに高く設定されている場合、60Hzに落としておくのがおすすめです。

動画編集に4Kモニターは必要?

キレイなモニター
結論としては『メインモニターくらいは4K対応でもいいかな』と考えています。

必要になる機会は少ないですが、クライアントから高画質の案件を依頼されないとも限りませんからね。

4K=解像度が3840×2160

『4K動画』とは、解像度が3840×2160で作られた動画のこと。横幅が約4000ピクセルのため、4K動画と呼ばれているんですね。

4Kを一言でお伝えすると、『かなり画質のいい動画』というイメージ。

YouTubeの標準画質は360×240と、なんと4K動画の10分の1以下。最高画質でも1920×1080と、4K動画の半分のサイズです。

こう考えると、4K動画がかなり高画質であることがお分かりいただけると思います。

高画質の案件に備えたいかどうか

普通にYouTube動画を編集するうえでは、4K対応モニターが必要になることはないでしょう。

どうせアップロード時に最大解像度(4Kの半分)まで圧縮されてしまいますからね。

しかし、後々どのような案件を依頼されるか、今の時点では誰にも分かりません。

もし高画質の案件を依頼された場合、『モニターが対応していないんでムリです…』なんて情けない理由で断りたくはないですよね。

かといって、そこで慌てて4K対応のモニターを購入するのも効率が悪いです。

今まで使っていた4K非対応のモニターを捨てるのももったいないでしょう。安くても2万円くらいはしますし。

というわけで、これからモニターを購入する方は『1台は4K対応のモニターがあった方が安心かな』という感じです。

おそらく、ほとんどの方が2~3台のモニターを並べて作業していると思いますので

  • メインモニター:4K対応
  • サブモニター:4K非対応

このような構成だと、画質の心配をせずに安心して動画編集に取り組めるのではないでしょうか。

動画編集用モニターのおすすめサイズは?

2本のメジャー
動画編集用のモニターは、そこそこ大きいサイズのものがおすすめです。

具体的な規準はありませんが、個人的には最低でも20後半のインチ数はほしいところ。

24インチくらいのモニターだと、ちょっと小さい印象です。

モニターが小さいと編集中の画面も小さくなり、細かなミスに気づきにくくなってしまいます。

ミスが多ければ、当然クライアントからの評価も下がってしまうでしょう。『画面が小さくて~』なんて言い訳になりませんしね。

また、ミスを防ごうと画面をずっと凝視していると、眼精疲労も余計に溜まってしまいます。

あまりケチらずにそこそこ大きいモニターを選ぶと、快適に編集できておすすめです。

コスパのいい動画編集用モニター2選!

3つ並んでいるモニター
では、動画編集におすすめのコスパのいいモニターを2つ紹介します。

27インチ・28インチのモニターなので、大きさはちょうどいい感じでしょう。

なるべく良いモニターを安く手に入れて、浮いたお金で本などを買うとさらに速く成長できておすすめです。

なお、価格はすべて2022年6月時点のものです。

  • 27MP400-B
  • Acer SigmaLine KG281KAbmiipx

順番に見ていきましょう。

27MP400-B

メーカー LG
画面サイズ 27インチ
解像度 1920×1080
光沢 ノングレア(非光沢)
リフレッシュレート 75Hz
接続端子 D-Subx1 HDMIx1
Amazon評価 ☆4.2
価格 19,800円

 

27型なのに2万円を切っており、1インチあたりの価格はなんと¥733円!コスパ最強のモニターです。

この記事で『リフレッシュレートは60Hzで十分』と言っておいて75Hzのモニターを紹介するのもどうかと思うのですが、あまりにお得なんですよね。

設定で60Hzにしておけばデメリットはありませんし、迷ったらこのモニターでOKです。

もちろんご自身でもお得なモニターを探していただければと思いますが、おそらくこれより安いものは見つからないでしょう。

27型のモニターって、基本的には2万円以上するんですよね。

なお、解像度は1920×1080までしか対応していませんので、サブモニターとして使うのがおすすめです。

KG281KAbmiipx

メーカー Acer
画面サイズ 28インチ
解像度 3840×2160
光沢 ノングレア(非光沢)
リフレッシュレート 60Hz
接続端子 HDMI2.0x2 DisplayPortx1
Amazon評価 ☆4.0
価格 35,982円

 

1つ目に紹介したDIOS-LDH271DBより価格は高いですが、解像度が4K(3840×2160)で高画質な動画の編集にも対応できるモニターです。

上でも述べましたが、メインモニターは4K対応のものにしておくのがおすすめ。

4K動画を編集してほしいクライアントとしても、しっかりと高画質で編集・確認をしてくれる編集者に依頼したいですよね。

また、HDMI端子が2つありますので、動画編集用PCとゲームを同時に接続することができます。切り替えの手間が減って便利ですね。

4K対応モニターとしてはとてもコスパがよく、メインモニターにおすすめの1台です。

『動画編集用モニターのリフレッシュレートは60Hzで十分!
コスパ重視で購入しよう!』のまとめ

  • ほとんどの媒体で、動画は60fps以内
  • リフレッシュレートだけ高くても意味がない
  • メインモニターは4K対応のものがおすすめ
シゲル
シゲル
コスパ重視で選べばOKです!

動画編集を学ぶならスクールがおすすめ

クラスの様子
動画編集を学ぶにあたって

  • どうやって勉強していけばいいの?
  • 正直、わけ分からんことばっか…
  • 誰か詳しい人教えてくれー!

このようにお悩みではありませんか?

もしあなたが最短で効率よく動画編集で結果を出し、人生を変えたいのであれば、独学ではなく信頼できるスクールに入るのがおすすめです。

独学だと、もともと勉強の効率が悪いことに加え、自分のスキルを客観的に測ることもできません。

『あと何を勉強すればいいんだろう』『もう自分のスキルは十分なんだろうか…』と迷いながら進むことになってしまうんですよね…。

きちんと賢く動画編集を学んでいる人たちと比べて、結果を出すのがとても遅くなってしまいます。

私も独学で動画編集を始めたため、数多くの失敗や遠回りをしてしまいました。

同期だと思っていた方たちが次々と結果を出していく一方、私は思うように稼げず、何が悪いのかすらわからずに悩んでいたのです。

私のようにノロノロと独学で勉強し、周りの編集者に置いていかれたくない方は、スクールに入って効率的に進んでいくのがおすすめです。

スクールに入れば、しっかりと体系的・網羅的に動画編集を勉強することができます。

『次に何を勉強すればいいんだろう』などと迷う必要はありません。

さらに、スクールによっては、受講が終わったあとに仕事を紹介してくれるところも。

『最短で稼げるようになりたい!』という方はぜひ検討してみてください。

まとまった勉強時間が取れない副業の方には、特におすすめです。

現役ディレクターがおすすめする動画編集スクールTOP10はこちらの記事で詳しく紹介しています。

>>現役ディレクターおすすめの動画編集スクールランキングTOP10!

ここまでお読みいただきありがとうございました!