Written by Shigeru

【月ごとに解説】未経験・副業から動画編集の仕事で10万円稼ぐまでの方法!【超初心者向け!】

STEP1:動画編集ってどんな仕事? 動画編集

  • 会社を辞めたいんだけど、副業で動画編集ってどうなの?
  • 未経験・副業でもこれから動画編集を始めて大丈夫?
  • どのくらいの期間で、どのくらい稼げるのか知りたい

こういったお悩みにお答えします。

動画編集を始めるにあたって、どのくらいの期間勉強すればどのくらい稼げるようになるかを知っておくことは非常に重要です。

未経験の方が、がむしゃらに進んでいくだけでは多くの時間・労力を無駄にしてしまうことでしょう。

私は2020年の7月から動画編集を始め、5ヶ月目となる11月には副業で約10万円を売り上げることができました。

この記事では、私が約10万円を稼ぐまでの経験や失敗をもとに、初心者の方向けに未経験・副業から動画編集の仕事で稼ぐ方法を解説しますので、最後まで読むことで未経験・副業から10万円稼ぐまでのイメージができるようになります。

【結論】未経験・副業であれば『半年後に10万円』がひとつの目安です

シゲル
シゲル
月10万円も副収入があったら
毎日のご飯が豪華になりますね。
この記事を書いた人
シゲル 白背景アイコン
シ ゲ ル
  • 副業で動画編集を始め、半年後に月10万円を稼ぎフリーランスに
  • 動画編集者として200本以上を納品
  • 現役の動画編集ディレクターとして活動中

>>プロフィール
>>Twitterはこちら

 

他にも、動画編集者の魅力や他の副業との比較について知りたい方はこちらの記事も合わせてお読みください。
>>【超初心者向け!】未経験でも大丈夫!動画編集者の仕事内容を5つのポイントで解説!


動画編集は未経験・副業でも稼げる2つの理由

太陽の光に合わせてOKサインをしている人
動画編集を始めるにあたって、皆さんが未経験・副業でもまったく問題ありません。

  1. 未経験でも問題ない理由
  2. 副業でも問題ない理由

それぞれ解説していきます。

1. 未経験でも問題ない理由:経験者はライバルではない

動画編集の仕事って、初心者には回ってこなそう…。
初心者の方
初心者の方

初心者の方が動画編集の仕事を受注するときにベテランの編集者と真っ向から戦っても勝ち目はありません。

しかし、そもそもベテランと戦う必要はありません。勝手に住み分けが行われているのです。

『経験者』というのは、例えばこんな人たちですよね。

  • 昔からテレビ番組の制作・編集を行ってきた編集者
  • YouTubeの初期から編集してきた編集者・YouTuber
  • 何年も前から動画編集を本業にしている会社員・フリーランス
こんな人たちに勝てる気がしない…。
初心者の方
初心者の方
シゲル
シゲル
勝てなくても全然問題なしです。

初心者歓迎案件1

初心者歓迎案件2
クラウドソーシングサイトなどには『初心者歓迎』の案件が多くあります。

上で挙げたような経験者の方たちが、こういった案件に応募することはあり得ません。

ある程度の実績や信頼を積んだ編集者は高単価の案件を狙ったり、動画編集案件の発注側に回ることが多いからです。

初心者向けの案件は単価が安い傾向にあるため、わざわざ応募しようとは思わないですよね。

その結果、あなたのライバルになるのは『同時期に動画編集を始めた人たち』になりますので、未経験だからという理由で不利になることはありません。

それって結局、いつまでも単価が安いままでは?
初心者の方
初心者の方
シゲル
シゲル
初心者のうちはどうしても安くなります。
しかし、実績を積めば徐々に上がっていきますよ。

初心者のうちは無理やり高単価の案件を狙うのではなく、まずは身の丈に合った案件をこなして実績をつけるのがおすすめです。

実績がある編集者ほど信頼してもらえますので、実績がついてきたら高単価案件にガンガン応募していきましょう。

2. 副業でも問題ない理由:副業の方が好まれることも多い

動画編集者は、副業であることがプラスにはたらくことも多いです。

『副業である』=『本業がある』ということなので、ほとんどの方は社会人としてのビジネスマナーが身についているでしょう。

残念ながら、動画編集者の中には、営業文や普段のやりとりの際に適切な言葉遣いができていない方も多くいます。

動画編集の仕事は主にチャットツールを使って進めていくため、文章でのコミュニケーション力が低いとかなり仕事がやりづらいです。

その点、副業の方であれば本業でビジネスメールを書き慣れている方も多いでしょうし、マナー・モラルなどのマインド面も信頼できます。

そのため、クライアント側からすると『副業である=きちんとした方である可能性が高い』と判断できるのです。

こうした理由により、副業の方を積極的に採用しているクライアントも多いため、心配する必要はないでしょう。

シゲル
シゲル
『もともとは自分も副業だった』というディレクターもたくさんいますので
副業の大変さを分かってくれる方も多いです。

未経験から5ヶ月目に副業で約10万円を稼いだ体験談

安値を切り上げて上がっていく矢印
ここからは私が実際に約10万円を稼ぐまでの体験をお伝えしていきます。

ざっくりとした流れは

  • 1ヶ月目:Premiere Pro導入
  • 2ヶ月目:ポートフォリオ作り開始
  • 3ヶ月目:初案件獲得
  • 4ヶ月目:複数の案件を受注
  • 5ヶ月目:案件大量で忙殺、本業の会社に退職を告げる

こんな感じです。

売上をグラフにしてみると
収入グラフ
このように、3ヶ月目に初案件を獲得でき、その後は急激に伸びているのが分かります。

それでは、月別に見ていきます。

 1ヶ月目:7月にやったこと

  • AviUtlダウンロード
  • AviUtl基本操作
  • Adobe Premiere Proダウンロード
  • Adobe Premiere Pro基本操作
  • YouTubeチャンネル開設

当時の私は『稼げるかどうかもわからないのに、編集ソフトにお金を払いたくないな・・・』と考え、フリーソフトであるAviUtlをダウンロードしました。

しかし、あるとき『動画編集の案件ってどんな感じなんだろう?』と思いTwitterやクラウドソーシングサイトを確認したところ、ほとんどの発注者が『Premiere Proが使える編集者』を募集していました。

案件に応募したとしても受かる自信なんて全然ないのに、そもそもAviUtlしか使えない私は応募することすらできないのです。

そこで始めて『動画編集者として稼ぐためにはPremiere Proが必要なんだな・・・』と思い、ソフトを変更しました。

こんなことなら始めからPremiere Proを使っておけばよかったと後悔しています。

そのため、これから動画編集を始める方は最初からPremiere Proを導入することをおすすめします。

稼ぐためのソフト選びについては、以下の記事で詳しく説明しています。

プロがおすすめする初心者向け
動画編集ソフト9選!

» この記事を読む

また、練習のためにフリー素材で動画を作りYouTubeにアップロードしていました。

このように、7月は遊びながらソフトに慣れていたという感じです。

まだまだ自分が動画編集で稼げるとは思っていない時期でした。

このとき素材集めに使っていたサイトは別記事でご紹介しています。

【初心者必見!】動画編集に必須の
フリー素材6種類!【商用利用可能】

» この記事を読む

 2ヶ月目:8月にやったこと

  • Adobe Premiere Pro基本操作(引き続き)
  • ポートフォリオ作り
  • ビジネス系動画の完コピ

少しづつ案件獲得に意識を向けだした月です。

マナブさんの動画を完コピしようと頑張っていました。

とはいえ、この時点のポートフォリオも完コピ動画もクオリティはめちゃくちゃ低いです。

ポートフォリオや完コピ動画について詳しく知りたい方はこちらの記事をお読みください。

【案件獲得率が爆上がり】初心者向け
ポートフォリオの作り方3STEP!

» この記事を読む

3ヶ月目:9月にやったこと

  • ポートフォリオ作り
  • オンラインサロン加入
  • ビジネス系動画の完コピ
  • 営業文作成
  • 初案件獲得

たくさんの案件に落とされ続けてきましたが、3ヶ月目になって初めてクラウドソーシングサイトで案件を獲得することができました。

うれしさと同時に『自分のスキルで大丈夫なんだろうか』と不安も大きかったです。

クライアントは個人でYouTuberをやっている方で、同時期に何人も編集者を採用して、その中で良い編集者を見定めようとしていたのだと思います。

単価は2,000円程度と決して高くはありませんでしたが、星5の評価と『期待を上回る作品をありがとうございました』というコメントをいただきとても感動したことを覚えています。

とはいえ、継続的なご依頼はいただけなかったのでおそらく社交辞令だったのでしょう。

当時は一生懸命作業したのですが、今見ると編集のレベルが低くて申し訳ないかぎりですしね・・・。

営業文の書き方などについて詳しく知りたい方はこちらの記事をお読みください。

動画編集の仕事の取り方
探し方3パターンを徹底解説!

» この記事を読む

動画編集初心者向け!案件獲得で
失敗しない営業文の書き方4STEP!

» この記事を読む

4ヶ月目:10月にやったこと

  • 引き続き営業
  • クラウドソーシングサイト:個人のディレクターの方1名、企業1社から受注
  • オンラインサロン:個人のディレクターの方2名とつながる(受注は11月から)

10月の上旬はまったく案件を受注できず、『9月に初案件をもらえたのはただのラッキーだったんだな・・・』と少し凹みながら営業活動を続けていました。

ところが、10月下旬になるとクラウドソーシングサイトで複数のクライアントに採用していただくことができたのです。

加えて、TecFoundというオンラインサロン内の掲示板でも2名のディレクターの方に採用していただきました。

10月の売上は数千円でしたが、この月につながったクライアントの方々から翌月に大量の依頼をいただくことになります。

 5ヶ月目:11月にやったこと

  • 営業は完全にストップ
  • クラウドソーシングサイト:9月に営業していた企業1社から受注
  • 合計で企業2社・個人ディレクター3名からの案件をこなす
  • 職場に退職する旨を告げる

今までの人生で最も忙しかった月です。

当時はまだ編集スピードも遅く、『この動画の編集にどのくらい時間がかかるか』という見積もりもできない状態でした。

そのため『納期に間に合うのか?』と常に不安に駆られながら日々を過ごしていました。

今となっては『確実に納期に間に合う分だけ受注しろよ』と思うのですが、10月までの私はほとんど案件をもらえないレベルの編集者だったため、『案件を断るなんてとんでもない』という認識が強かったのです。

結果としてすべて納期に間に合わせることができましたが、『もし途中で体調を崩していたら』と考えるとあまり賢いやり方ではなかったなと反省しています。

このように、身の丈に合わないほどたくさんの案件に対応したことにより約10万円を売り上げることができたのですが、その代わりにほとんど睡眠時間が確保できないような状況でした。

そして『このままでは体が持たない』と思い

  • 動画編集の仕事にブレーキをかける
  • 本業を退職する

このような2択から選ぶこととなり、後者を選択しました。

副業可の会社だったら、もう少し両立の道を探したのかもしれませんが、遅かれ早かれ同じ結果になっていたでしょう。

副業もできず、お金を稼げるスキルもない会社員に未来はないと思っているので、まったく後悔はしていません。

『半年で月10万円』を目標にするのがおすすめ

副業・動画編集初心者の方は『半年で10万円稼ぐこと』を目標にするとよいと思います。

月10万円も追加の収入があれば、かなり生活が変わりますよね。

毎日のご飯を豪華にするもよし、週末に普段よりも遠出するもよし、欲しいけど我慢していたものを買うもよしです。

そして、副業で10万円稼げる方が本業化すれば20万円は稼げるでしょう。

ということは(家族構成にもよるでしょうが)最低限の生活が成り立つと思いますので、会社を辞めることも視野に入ってきます。

今すぐ退職しなくても、『何かあったら辞めても大丈夫』と思えるのはすごく楽ですよね。

ということで、『本業化すれば生活が成り立つ』レベルである『副業で月10万円』というのは、とても大事なポイントになってきます。

月10万円稼ぐまでの期間については、半年を目安に考えておきましょう。

私は5ヶ月目でほぼ達成しましたが、ほとんど眠る時間がないような状況でした。

『睡眠時間を削ってまで副業したくないよ!』という方も多いと思いますので、もう少しゆっくりとしたペースで受注していくことをおすすめします。

ということで、これから動画編集を始める方は、ざっくりと『半年後には副業でも10万円稼げそう』くらいに思っておいてください。

シゲル
シゲル
もちろん私よりも早く稼げる方も
たくさんいるでしょう。

『未経験・副業から動画編集の仕事で稼ぐ方法!』のまとめ

  • 動画編集は未経験・副業でもまったく問題なし
  • 副業で月10万円を稼ぐには半年程度が目安
シゲル
シゲル
みんな初めは知識ゼロ。
気軽に始めてみませんか?

動画編集を学ぶならスクールがおすすめ

クラスの様子
動画編集を学ぶにあたって

  • どうやって勉強していけばいいの?
  • 正直、わけ分からんことばっか…
  • 誰か詳しい人教えてくれー!

このようにお悩みではありませんか?

もしあなたが最短で効率よく動画編集で結果を出し、人生を変えたいのであれば、独学ではなく信頼できるスクールに入るのがおすすめです。

独学だと、もともと勉強の効率が悪いことに加え、自分のスキルを客観的に測ることもできません。

『あと何を勉強すればいいんだろう』『もう自分のスキルは十分なんだろうか…』と迷いながら進むことになってしまうんですよね…。

きちんと賢く動画編集を学んでいる人たちと比べて、結果を出すのがとても遅くなってしまいます。

私も独学で動画編集を始めたため、数多くの失敗や遠回りをしてしまいました。

同期だと思っていた方たちが次々と結果を出していく一方、私は思うように稼げず、何が悪いのかすらわからずに悩んでいたのです。

私のようにノロノロと独学で勉強し、周りの編集者に置いていかれたくない方は、スクールに入って効率的に進んでいくのがおすすめです。

スクールに入れば、しっかりと体系的・網羅的に動画編集を勉強することができます。

『次に何を勉強すればいいんだろう』などと迷う必要はありません。

さらに、スクールによっては、受講が終わったあとに仕事を紹介してくれるところも。

『最短で稼げるようになりたい!』という方はぜひ検討してみてください。

まとまった勉強時間が取れない副業の方には、特におすすめです。

現役ディレクターがおすすめする動画編集スクールTOP10はこちらの記事で詳しく紹介しています。

>>現役ディレクターおすすめの動画編集スクールランキングTOP10!

ここまでお読みいただきありがとうございました!