Written by Shigeru

40代・50代未経験でもまったく問題なし!動画編集を始めてみよう

STEP1:動画編集ってどんな仕事? 動画編集

  • 40代・50代だと、動画編集者として働きづらかったりする?
  • 今から始めても、若い人には勝てないんじゃ…
  • 老後のこともあるし、お金を貯めたいんだけど

こういったお悩みにお答えします。

近年、自宅でできる副業として動画編集を始める人が増えています。

『動画編集』と聞くと、なんとなく若い人ばっかりなイメージがありませんか?

実際、動画編集業界はまだ新しく、若者の割合が多いのは確かです。でも、中には40代・50代でバリバリ活躍している方もたくさん。

チャレンジもしないまま、年齢を理由に諦めてしまうのは非常にもったいないです。

この記事では、現役の動画編集ディレクターが『40代・50代のあなたでも動画編集者になれる』ということについて解説していきます。

最後まで読むと、40代・50代のあなたが挫折せずに動画編集で結果を出すための手順が分かりますよ。

結論:年齢を言い訳にしないで、一歩踏み出してみよう

 

この記事を書いた人
シゲル 白背景アイコン
シ ゲ ル
  • 副業で動画編集を始め、半年後に月10万円を稼ぎフリーランスに
  • 動画編集者として200本以上を納品
  • 現役の動画編集ディレクターとして活動中

>>プロフィール
>>Twitterはこちら

 

現役ディレクターがおすすめする動画編集スクールTOP10はこちらの記事で詳しく紹介しています。

>>現役ディレクターおすすめの動画編集スクールランキングTOP10!



40代・50代の未経験でも動画編集者になれる理由
【結論】大事なのはスキルだけ

PCに向かう男性
40代・50代の未経験でも動画編集者になれる理由はとてもシンプル。

動画編集業界で重要なのはあなたの年齢・性別などではなくスキルだからです。

動画編集の仕事の流れ

動画編集という仕事は、『誰か!動画を編集して!』と編集者を探しているクライアントに対して

『私やります!』と編集者が応募し、採用されたらスタート。

やりとりはチャット形式で行われ、お互いに顔も知らないままのケースも多いです。

そしてあなたが動画を編集し、クライアントに納品したらめでたくゴール。

報酬を手にすることができます。

大事なことは動画のクオリティ

このように動画編集の仕事を進めるうえで、クライアントが一番気にするのは、しっかりした動画が納品されるかどうか。

クオリティの高い動画をスムーズに納品してくれるのであれば、編集者が10代だろうが80代だろうが問題ありません。

だからこそあなたが40代・50代でも不利になることはまったくありません。

あなただってお店でラーメンを注文したとき、気にするのはラーメンの味や値段ですよね?少なくとも『店主の年齢』ではないはず。

別に何歳だっていいじゃないですか。ラーメンが美味しければ。

動画編集も同じです。だからあなたが40代・50代でもまったく問題ないのです。

良くも悪くも、年功序列ではない

このように動画編集業界は完全に『成果主義』であり、『年功序列』ではありません。

年齢で不利にならない代わりに、あなたが年上だというだけで無条件に尊敬してもらえるわけではないことには要注意です。

あなたの会社の若手社員に対するように『自分は先輩なんだから敬われて当然』と考えていると、いつか痛い目を見るかも。

『年齢なんて関係ない』とは、そういうことです。

もしあなたが『20代・30代の若造の指示なんか聞けん!』とお考えなら、他の副業のほうが向いているかもしれませんね。

40代・50代から動画編集を始めるメリット2つ

青空に浮かぶ気球
40代・50代の方が動画編集を始めるメリットは以下の2つです。

  • 早期退職・リストラへの不安がなくなる
  • 実益を兼ねた、老後の趣味ができる

順番に解説していきます。

早期退職・リストラへの不安がなくなる

まずは『お金』の問題から。

現在の日本では、大企業でも大量リストラや早期退職の奨励が盛んに行われ、40代・50代で退職する労働者が増えています。

リストラされてしまったとき、あなたに何のスキルもなければ大問題。

『明日からどうやって生活していこう…』と途方に暮れることになってしまいます。

しかしそんなとき、動画編集で稼げたら?

あらかじめ会社に依存せず稼ぐスキルを持っていれば、クビになるのも怖くはありません。

私も動画編集を副業で始め、月10万円を稼げたところで『本業化しても十分生活していけるな』と判断し、当時勤めていた会社を退職しました。

定年まで今の会社で勤めるつもりの方も、万が一の事態に備えて動画編集スキルを習得しておくと、将来の不安を消すことができますよ。

ちょっと貯金が厳しく、『定年まで働き続けても、老後が心配』という方はなおさらですね。

動画編集で稼いだお金は将来のために貯金するもよし、おいしいものを食べるなど、毎日の生活を豊かにするもよしです。

将来のために、今から動画編集を始めてみませんか?

実益を兼ねた、老後の趣味ができる

動画編集はお金を稼げるだけでなく、あなたの一生の趣味にもなってくれるでしょう。

定年や退職という概念がないため、老後もずっと動画編集に取り組むことができます。在宅でOKですし、肉体労働でもありませんからね。

きっと退職後のあなたの人生に張り合いを与えてくれますよ。

『仕事を辞めたら社会とのつながりがなくなって一気に老けた』なんてよく聞く話。

でも動画編集を続けていれば、若い世代と交流しながら楽しく仕事ができるのです。

老けるどころか、むしろ若返るのでは?

会社のストレスからも解放された状態ですしね。

もちろん、寝る暇もないほど無理に仕事を詰め込む必要はありません。受ける仕事の量を調節できるのも動画編集者の魅力。

退職後にぽっかり空いたあなたの時間を、動画編集に充てるのはいかがですか?

40代・50代から動画編集を始めるデメリット

badサインのシルエット
40代・50代のあなたが動画編集を始めるデメリットは、スキル習得まで時間がかかってしまうことです。

人間は加齢に伴ってどうしても理解力・記憶力が低下していきますからね。

10代・20代のころと比べると、物覚えが悪くなったり、物忘れがひどくなったりと実感している方も多いでしょう。

そのため、必要なスキルを身につけるには、若いころよりも多くの時間が必要になります。

ここで問題になるのが、あなたのモチベーション。なかなか結果が出ないと、動画編集を続けるのが苦痛になってしまいがちです。

初心者のころの私もその一人でした。

『YouTubeで動画編集に関する動画を見ても、内容がよく分からない』

『自分に何のスキルが足りていないのか分からない…』

『動画編集で稼ぐなんてやっぱり無理なんじゃ…』

周りにいる動画編集者の方々が順調に稼いでいる中、私はいつまでも結果が出ずに悩んでいたのです。

『会社を辞めたい』という思いをモチベーションにして継続し、なんとか結果を出すことができたものの、他の人と比べてとても時間がかかってしまいました。

今思い返してみると、『非常に遠回りをしてきたんだなぁ…』と後悔しています。

これから動画編集を始めるあなたは、私と同じように独りで悩まなくてすむよう、楽しく・効率よく学んでいける環境に身を置くのがおすすめです。

あなたに合ったスクールでサクサク進んでいこう

『動画編集を効率よく学び、なるべく早く結果を出したい』という悩みを解決してくれるのが、動画編集スクールです。

あなたに合ったスクールと出会い、楽しく・効率よく進んでいきましょう。

スクールに入ると、動画編集を分かりやすく学んでいける教材や、一緒に学ぶ仲間など、たくさんのものを手に入れることができます。

自分で苦労してYouTube動画を検索し、勉強していく必要はありません。

なにか困ったことがあれば、いつでもプロに相談できるため安心。独りで悩むこともなくなります。同じスクールの受講生同士、世代を超えた友達もできるでしょう。

また卒業生には仕事を紹介してくれるスクールも多いので、『営業は苦手…』という方でもスムーズに稼ぎ出すことができます。

以下の記事では現役の動画編集ディレクターがおすすめする動画編集スクールTOP10を紹介しています。あなたに合ったスクールがきっと見つかりますよ。

>>現役ディレクターおすすめの動画編集スクールランキングTOP10!

40代・50代のあなたに、あえて1つおすすめするなら

これから動画編集を始める40代・50代の方向けに1つだけスクールを選ぶとしたら『デジハク』がおすすめ。


デジハク(DIGITAL HACKS)は『未経験から最短でプロを目指したい』という方向けのスクールです。

オンラインスクール比較ナビの調査では、2021年のおすすめ動画スクールNo.1にも輝いています。

デジハクは受講生の幅が広く、中には60代の方も!40代・50代のあなたでも安心して受講できますね。

プロの講師と頻繁に面談をしながら学習していくスタイルなので、講座の内容についていけなくなることもありません。

デジハクには2つのコースがあり

コース名 デジハクコースREG
デジハクコースPRO
こんな人向け YouTube動画編集が
できるようになりたい
動画編集に加えてデザイン・
マーケティングも身につけたい
受講形態 完全オンライン 完全オンライン
サポート期間 3ヶ月 半年
料金 148,000円
月々6,200円~(分割)
248,000円
月々10,340円~(分割)
学べること Premiere Pro
After Effects
YouTube動画編集講座
サムネイル制作
ポートフォリオ制作
リテラシー
左記に加えて
Illastrator
Photoshop
SNS動画広告講座
デザイン基礎
編集力アップ講座
動画マーケティング

 

このように価格や内容が異なります。

2つのコースについてざっくり解説すると

  • デジハクコースREG:最低限、YouTube動画編集を仕事にできるレベル
  • デジハクコースPRO:ワンランク上の動画編集者として活躍できるレベル

こんなイメージです。

あなたがどちらを目指すのか、お財布とも相談して選ぶといいでしょう。

対応が早くて優しくて丁寧でめちゃくちゃ良い

デジハクの講座でホログラムを作成

デジハクは無料の相談会を実施しているので、少しでも気になった方は実際に話を聞いてみましょう。

スクールの内情が分かるのはもちろん、『私の目標は〇〇で~』など、あなたの個人的な悩みも相談してOK。

プロの講師に無料で相談できる機会なんてなかなかありません。気軽に参加してみるのがおすすめです。

参加登録は30秒もあれば完了。

もちろん、無料相談会に参加したからといって、強引に勧誘されるようなこともありませんよ。

\ 30秒で入力完了! /
※10~60代まで幅広い年代が受講

『無料相談会に参加する前に、デジハクのことをもう少し詳しく知りたいな…』という方は以下の記事をお読みください。

>>参考:デジハク-DIGITAL HACKS-の評判をディレクターが解説!

40代・50代で活躍している動画編集者は大勢います!

波打ち際に立つ男性

50代ならではの活動の仕方がある

将来の収入に不安がある高齢者は始めてみましょう!
不安が無くなります!


このように、第一線で楽しく活躍している方がたくさん!

あなたも彼らと同じように、一歩を踏み出してみませんか?

『40代・50代未経験でもまったく問題なし!動画編集を始めてみよう』のまとめ

  • 動画編集は成果主義なので、年齢によって不利になることはない
  • 挫折しないように、スクールで効率よく勉強していこう
  • 40代・50代でも活躍している人がたくさん!

ここまでお読みいただきありがとうございました!