Written by Shigeru

動画編集によく使う効果音素材サイト3選!【フリー・商用利用可】

STEP3:練習方法 動画編集

  • 種類が多すぎてどの効果音を使えばいいか分からない
  • ◯◯の効果音ってどんなときに使うの?
  • 無料で効果音をダウンロードできるサイトが知りたい!

こういったお悩みにお答えします。

『効果音の挿入』は動画編集者にとって基本的な技術ですが、初心者の頃は適当に選んでしまうこともありますよね。

その結果、本来は動画の演出を盛り上げるための効果音が、反対に盛り下げてしまっていることもあります。

この記事では、現役の動画編集ディレクターが初心者の方向けにおすすめのフリー効果音サイト3選とおすすめの効果音5選について解説しますので、最後まで読むことでシーンに合った効果音の使い方が分かります。

少しずつレパートリーを増やしていこう

シゲル
シゲル
まずはこの記事で紹介している
効果音を使ってみてください。
この記事を書いた人
シゲル 白背景アイコン
シ ゲ ル
  • 副業で動画編集を始め、半年後に月10万円を稼ぎフリーランスに
  • 動画編集者として200本以上を納品
  • 現役の動画編集ディレクターとして活動中

>>プロフィール
>>Twitterはこちら

 

他にもフリー画像・BGMなどを入手したい方はこちらも合わせてお読みください。
>>ここだけ押さえとこ!動画編集勉強用のフリー素材6種類を入手できるサイト集!


おすすめのフリー効果音素材サイト3選

音符の形に切り抜かれたスイカ

  1. 効果音ラボ
  2. 無料効果音
  3. 魔王魂

順番に紹介します。

1.効果音ラボ

『効果音 フリー』などの単語で検索すると一番はじめに出てくるサイトです。

提供されている効果音の種類はとても多く、すべてフリーで使用することができます。

私が最もお世話になっているサイトで、普段使っている効果音の6~7割はこのサイトのものです。

品質にもこだわっており、例えば、『ヘリコプターの音』は実際にヘリをチャーターして録音するほど。

フリーなのに、すごいこだわりですよね。

効果音が欲しくなったら、とりあえずこのサイトで探してみるといいでしょう。

効果音ラボの利用規約(抜粋)

  • 使用にあたっての報告、リンク、クレジット表記不要(禁止ではなく任意)
  • アダルト作品、公序良俗に反する作品、違法行為に利用することを禁止
  • 個人、法人、公的機関問わず無料で使用可能
  • 再配布禁止
  • 声素材について、声優の尊厳を傷つけたり、声優が被害を被る使い方を禁止
  • 効果音ファイルへの直リンクを禁止
    出典元:効果音ラボ(利用規約)

無料で商用利用可能・クレジット表記は不要です。

効果音はBGMと異なり、1本の動画にたくさんの種類を使うことが多いです。クレジット表記が必要だと、すごい行数になってしまいますよね。

クライアントに多数のクレジット表記を依頼するのは気が引けるもの。

クレジット表記なしで使えるのはとてもありがたいですね。

なお、公序良俗に反するものや再配布することは禁止されています。

SNSなどで紹介する場合も、効果音に直リンクを貼らないように気をつけましょう。

>>効果音ラボ(公式サイト)はこちら

2.無料効果音

非常にシンプルで見やすいサイトです。

生活音のジャンルが充実しているイメージ。

ジャンルごとに一括ダウンロードもできますので、たくさんの効果音を集めたい方におすすめです。

無料効果音の利用規約(抜粋)

※禁止事項
・ 効果音素材そのものの無断な再配布
・ 効果音素材そのものの販売
・ 効果音ファイルへの直リンク(ダウンロードして使って下さい)
・ 現実の犯罪行為への使用(電話の後ろで環境音を鳴らし居場所を偽装する等)
・ 管理人に対して文句を言ったり注文を付けたりする
出典元:無料効果音(利用規約)

ほぼ効果音ラボと同じ内容で、無料で商用利用可能・クレジット表記も不要です。

>>無料効果音(公式サイト)はこちら

3.魔王魂

プロの作曲家である森田交一さんが運営しているサイトです。


サイトもおしゃれですし、プロ作曲家だけあって高品質な音楽素材が揃っています。

効果音だけでなく、かっこいいBGMもたくさん置いてありますね。

魔王魂の利用規約(抜粋)

個人利用も商用も無料で利用可能!報告一切不要!
改造OK!タイトルや歌詞変更もOK!
可能な限り『音楽:魔王魂』みたいに著作表記して下さい。YouTubeは動画内でも概要欄でもOK!
禁止事項は『この曲はワシが作った』といった著作を偽る行為やフレーズを真似する盗作行為。ダメ絶対!
出典元:魔王魂(音楽利用のルール)

商用利用可能・報告不要はありがたいのですが、クレジット表記が必要です。

案件で使用する場合は、クライアントにクレジット表記を依頼するのを忘れないように気をつけてください。

クライアントが規約違反になってしまいます。

自分のYouTubeチャンネルに載せる動画を作る場合などに使うといいでしょう。

自分の動画の概要欄なら、気軽にクレジット表記できますからね。

>>魔王魂(公式サイト)はこちら

動画編集初心者におすすめのフリー効果音5選

キーボードと録音機器
ビジネス系・エンタメ系などのYouTube動画でよく使われている、おすすめの効果音を5つ紹介します。

5つとも効果音ラボでダウンロードできるので、持っていない効果音があれば入手しておくことをおすすめします。

  1. 和太鼓でドドン
  2. シャキーン
  3. 間抜け3(ティトン)
  4. ビシッとツッコミ3
  5. ボタン37(キラリーン)

効果音自体の紹介と合わせて、どんなシーンで使っているかということも解説していきます。

1.和太鼓でドドン

play_circle_filled
pause_circle_filled
和太鼓でドドン
volume_down
volume_up
volume_off

>>『和太鼓でドドン』のDLはこちら(効果音ラボ)

インパクトの大きな効果音で、そのシーンを強調する際に使われます。

例えば『なんと・・・〇〇なんです!』のようなシーンが適していますね。『〇〇』のタイミングに合わせて入れましょう。

同じ強調目的のエフェクトであるズームと合わせてよく使っています。

2.シャキーン

play_circle_filled
pause_circle_filled
シャキーン
volume_down
volume_up
volume_off

>>『シャキーン』のDLはこちら(効果音ラボ)

これも強調目的の効果音です。

『ドドン』でも『シャキーン』でもどちらでもいい場面も多いですが、出演者の方がキメ顔とかをしていると使いやすいですね。

また、『ドドン』よりも効果音の時間が長いので、強調したいシーンが長く続くかどうかで使い分けましょう。

ズーム+集中線のエフェクトと合わせてよく使っています。

3.間抜け3(ティトン)

play_circle_filled
pause_circle_filled
間抜け3(ティトン)
volume_down
volume_up
volume_off

>>『間抜け3(ティトン)』のDLはこちら(効果音ラボ)

使いどころは「間抜け」という名前のとおりです。

出演者の方がボケたシーンで使いましょう。

ボケシーンのテロップ
フォントも情けないものに変えたりしつつ使っています。文字を揺らしてもいいですね。

4.ビシッとツッコミ3

play_circle_filled
pause_circle_filled
ビシッとツッコミ3
volume_down
volume_up
volume_off

>>『ビシッとツッコミ3』のDLはこちら(効果音ラボ)

ビシッとツッコミ『3』をご紹介していますが、1も2もそれほど変わりませんので好みで良いかと思います。

これも使いどころは簡単ですね。ボケに対して突っ込んでいるシーンで使いましょう。

つっこみテロップ

ツッコミのシーンはフォントも荒っぽいものに変えたりして、合わせて使うといいですね。

5.ボタン37(キラリーン)

play_circle_filled
pause_circle_filled
ボタン37(キラリーン)
volume_down
volume_up
volume_off

>>『ボタン37(キラリーン)』のDLはこちら(効果音ラボ)

キラキラしたイメージの効果音です。

多くの人が使用しているというわけではありませんが、私はポジティブなシーンでよく使っています。

光るエフェクト
光るエフェクトと相性が良いですね。

効果音は画面の動きに合わせよう

オーディオミキサー
効果音は、そのシーンの動きを強調・補足するものです。

効果音を入れるときは、常に『このシーンの動きにふさわしいかな』と考えるようにすると、的外れなものを選ぶことは少なくなるでしょう。

また、タイミングにも注意です。

初心者の方が作った動画では、ズレたタイミングで効果音が鳴っているものがよく見られます。

これも画面の動きと効果音が鳴るタイミングを合わせればOK。

『画面が動いたタイミングでは無音 → 1~2秒後に効果音が鳴る』といったことのないように気をつけたいですね。

『動画編集によく使うフリー効果音サイト3選!』のまとめ

  • シーンに合わせた効果音を入れよう
  • 効果音が欲しいときは、とりあえず効果音ラボへ
  • 利用前には規約を確認
シゲル
シゲル
気に入った効果音は
ありましたか?

動画編集を学ぶならスクールがおすすめ

クラスの様子
動画編集を学ぶにあたって

  • どうやって勉強していけばいいの?
  • 正直、わけ分からんことばっか…
  • 誰か詳しい人教えてくれー!

このようにお悩みではありませんか?

もしあなたが最短で効率よく動画編集で結果を出し、人生を変えたいのであれば、独学ではなく信頼できるスクールに入るのがおすすめです。

独学だと、もともと勉強の効率が悪いことに加え、自分のスキルを客観的に測ることもできません。

『あと何を勉強すればいいんだろう』『もう自分のスキルは十分なんだろうか…』と迷いながら進むことになってしまうんですよね…。

きちんと賢く動画編集を学んでいる人たちと比べて、結果を出すのがとても遅くなってしまいます。

私も独学で動画編集を始めたため、数多くの失敗や遠回りをしてしまいました。

同期だと思っていた方たちが次々と結果を出していく一方、私は思うように稼げず、何が悪いのかすらわからずに悩んでいたのです。

私のようにノロノロと独学で勉強し、周りの編集者に置いていかれたくない方は、スクールに入って効率的に進んでいくのがおすすめです。

スクールに入れば、しっかりと体系的・網羅的に動画編集を勉強することができます。

『次に何を勉強すればいいんだろう』などと迷う必要はありません。

さらに、スクールによっては、受講が終わったあとに仕事を紹介してくれるところも。

『最短で稼げるようになりたい!』という方はぜひ検討してみてください。

まとまった勉強時間が取れない副業の方には、特におすすめです。

現役ディレクターがおすすめする動画編集スクールTOP10はこちらの記事で詳しく紹介しています。

>>現役ディレクターおすすめの動画編集スクールランキングTOP10!

ここまでお読みいただきありがとうございました!