Written by Shigeru

【初心者向け】Creative Cloudにフリーフォントを追加する2つの方法

STEP3:練習方法 動画編集

  • 欲しいフォントを簡単に追加したい
  • 無料でたくさんフォントを入手できる方法ない?
  • 使わないフォントを整理したい…

こういったお悩みにお答えします。

動画編集者として、フォントの選択肢は多いに越したことはありません。

ポートフォリオを作るときに他の人の動画を完コピしようにも、同じフォントを持っていなければ再現できませんからね。

この記事では、現役のディレクターがCreative Cloudにフリーフォントを追加する2つの方法について解説しますので、最後まで読むことで簡単にフォントを追加する方法が分かります。

【結論】気に入ったフォントはいつでも使えるようにしておきましょう
シゲル
シゲル
Adobe Fontsなら
クリックひとつでインストールできます。
この記事を書いた人
シゲル 白背景アイコン
シ ゲ ル
  • 副業で動画編集を始め、半年後に月10万円を稼ぎフリーランスに
  • 動画編集者として200本以上を納品
  • 現役の動画編集ディレクターとして活動中

>>プロフィール
>>Twitterはこちら

 

他にもフリー画像・効果音・BGMなどを入手したい方はこちらも合わせてお読みください。
>>ここだけ押さえとこ!動画編集勉強用のフリー素材6種類を入手できるサイト集!


Creative Cloudにフォントを追加する2つの方法

2匹の虎の子供
Creative Cloudにフォントを追加する方法は2つあります。

  1. Adobe Fontsから追加する
  2. Adobe以外のサイトから追加する

順番に解説していきます。

Adobe Fontsから追加する

Adobe Fontsってなに?
初心者の方
初心者の方

Adobe Fontsとは:無料で使えるフォントサービス

Adobe Fontsとは、世界中のフォントメーカーとAdobeが提携し多くのフォントを提供してくれるサービスです。

誰でも使えるの?
初心者の方
初心者の方

誰でも無料で利用できます
Adobe Fontsを使う方法は2種類あり

  • 無料のAdobe IDを作る
  • Creative Cloudなどを契約する

どちらの場合もフォントを使うための追加料金はかかりません。

無料プランの場合
無料のAdobe IDの場合は約1,000種類のフォントが利用可能なのに対し

Creative Cloudプランの場合
Creative Cloudなどのサブスクに加入している場合は20,000種類以上のフォントが利用可能になります。

シゲル
シゲル
Premiere Proなどを単体で契約している方も
20,000種類以上のフォントが使えます。

追加料金は一切かかりませんので、利用しないと損ですね。

フォントの追加方法

フォントの追加はとても簡単にできるので、『何かいいフォントないかな…』と思ったらまずはAdobe Fontsで探してみるのがおすすめです。

フォントの管理をクリック
Creative Cloudから『フォントの管理』をクリックして

別のフォントを参照をクリック
右上にある『別のフォントを参照』を押すとAdobe Fontsのトップページに行くことができます。

ファミリーを表示
気になるフォントが見つかったら、『ファミリーの表示』をクリックし

クリックしてアクティベート
クリックしてアクティベートにしましょう。

アクティベートされている状態
アイコンが青くなっていればアクティベートされている状態です。

フォントが追加されている状態
Premiere Proを立ち上げてみると、先ほどアクティベートしたフォントが追加されています。

Adobe以外のサイトから追加する

Adobe以外にもフォントを配布してくれているサイトはたくさんあります。

無料で商用利用可能なおすすめのフォント7選やインストールの方法については以下の記事で詳しく解説しています。

動画編集におすすめの
フリーフォント7選!

» この記事を読む

『Creative Cloudにフリーフォントを追加する2つの方法』のまとめ

  • 欲しいフォントはまずAdobe Fontsで探そう
  • クリックひとつでアクティベートできる
シゲル
シゲル
早速いくつかアクティベートしてみましょう。

動画編集を学ぶならスクールがおすすめ

クラスの様子
動画編集を学ぶにあたって

  • どうやって勉強していけばいいの?
  • 正直、わけ分からんことばっか…
  • 誰か詳しい人教えてくれー!

このようにお悩みではありませんか?

もしあなたが最短で効率よく動画編集で結果を出し、人生を変えたいのであれば、独学ではなく信頼できるスクールに入るのがおすすめです。

独学だと、もともと勉強の効率が悪いことに加え、自分のスキルを客観的に測ることもできません。

『あと何を勉強すればいいんだろう』『もう自分のスキルは十分なんだろうか…』と迷いながら進むことになってしまうんですよね…。

きちんと賢く動画編集を学んでいる人たちと比べて、結果を出すのがとても遅くなってしまいます。

私も独学で動画編集を始めたため、数多くの失敗や遠回りをしてしまいました。

同期だと思っていた方たちが次々と結果を出していく一方、私は思うように稼げず、何が悪いのかすらわからずに悩んでいたのです。

私のようにノロノロと独学で勉強し、周りの編集者に置いていかれたくない方は、スクールに入って効率的に進んでいくのがおすすめです。

スクールに入れば、しっかりと体系的・網羅的に動画編集を勉強することができます。

『次に何を勉強すればいいんだろう』などと迷う必要はありません。

さらに、スクールによっては、受講が終わったあとに仕事を紹介してくれるところも。

『最短で稼げるようになりたい!』という方はぜひ検討してみてください。

まとまった勉強時間が取れない副業の方には、特におすすめです。

現役ディレクターがおすすめする動画編集スクールTOP10はこちらの記事で詳しく紹介しています。

>>現役ディレクターおすすめの動画編集スクールランキングTOP10!

ここまでお読みいただきありがとうございました!