Written by Shigeru

【プロが解説】動画編集に向いている人の特徴5選を解説!【副業】

STEP1:動画編集ってどんな仕事? 動画編集

  • 副業で動画編集をしたいんだけど
    自分って向いてる?
  • 向いてないなら他の副業にしようかな
  • 副業選びで失敗したくない!

こういったお悩みにお答えします。

コロナ禍で在宅ワークに注目が集まったことなどにより、自宅でできる動画編集を副業として始める方が増えています。

しかし、動画編集という仕事は会社での仕事とはまったく性質が違うもの。残念ながら、動画編集が向いていない方もいます。副業なら他にも種類がありますので、どうせなら自分に向いているものを選びたいですよね。

この記事では、現役の動画編集ディレクターが初心者の方向けに動画編集に向いている人の特徴5選について解説しますので、最後まで読むことで自分の向き不向きを判断した上で、安心して動画編集を始めることができます。

自分が当てはまるかどうかチェックしてみよう
シゲル
シゲル
当てはまった方は
ぜひ動画編集を始めてみてください。
この記事を書いた人
シゲル 白背景アイコン
シ ゲ ル
  • 副業で動画編集を始め、半年後に月10万円を稼ぎフリーランスに
  • 動画編集者として200本以上を納品
  • 現役の動画編集ディレクターとして活動中

>>プロフィール
>>Twitterはこちら

 

動画でサクッと学びたい方はこちら

動画編集ってどんな仕事なの?という疑問をお持ちの方は以下の記事も合わせてお読みください。
>>未経験でも大丈夫!動画編集者の仕事内容を5つのポイントで解説!


動画編集に向いている人の特徴5選

茶色の背景に浮かぶ5
動画編集に向いている人の特徴は以下の5つです。あなたはいくつ当てはまっていますか?

  • 動画を見るのが好き
  • 一人で作業するのが好き
  • 時間の管理ができる
  • 成果報酬型が好き
  • 対面のコミュニケーションが苦手

順番に解説していきます。

動画を見るのが好き

動画編集者にとって、動画を見るのが好きかどうかはとても大事です。

自分の編集スキルを上げていくために、他の動画から学ぶことはとても多いですからね。

たくさんの動画を見て、学んで、吸収していくのが動画編集者として最速で成長していく方法です。

普段から動画をよく見る人は、『動画はあんまり見ないなぁ』という人よりも速く成長していけるでしょう。

動画編集は、動画が好きな人にこそ強くおすすめしたい副業です。

一人で作業するのが好き

動画編集は一人で作業をすることが多いので、黙々と仕事をすることが好きな方に向いています。

反対に、誰かと実際に会ったり、頻繁にお喋りをしながら仕事がしたい方はストレスが溜まってしまうかもしれません。

SNSを活用したりオンラインサロンに入ったりと、喋りながら作業する環境を作ることもできますが、一人作業が好きであるに越したことはありませんね。

他の人がいると気が散ってしまうような方にはぴったりです。

時間の管理ができる

動画編集者としての仕事は、クライアントから動画を受け取り、それを編集して定められた日時までに納品するという流れです。

そのため、この『納期を守る』ということがとても重要視されます。

動画編集者が納期を守ってくれないと、クライアントは大迷惑。ほとんどのクライアントは、次からはその動画編集者には依頼しないでしょう。

『時間の管理ができない』と同時に『責任感がない』とも思われてしまうんですよね…。

普段の生活でも遅刻ばかりしている方はちょっと厳しいかもしれません。

信頼関係を築いていくためにも納期厳守は大原則ですので、スケジュールをしっかりと守れる方は向いていると言えるでしょう。

成果報酬型が好き

動画編集は『やった分だけ報酬がもらえる』という成果報酬型の仕事です。

『動画1本あたり〇〇円』といった形で依頼を受けていきますので、あなたが頑張れば頑張った分だけ収入が増えます。

『会社ではどんなに頑張っても給料が上がらない…』と不満を持っている方にはうれしい仕組みですね。

その一方、誰からも依頼がもらえないと収入がなくなってしまうので、厳しいと感じる方もいるでしょう。

稼げない動画編集者になりたくない方は、こちらのロードマップに沿ってレベルアップし、バリバリ稼いでいただければ幸いです。

動画編集の始め方~副業で
月10万円稼ぐまでのロードマップ!

» この記事を読む

優秀な編集者の方は、そこらの会社員よりもよほど稼いでいらっしゃいますよ。

対面のコミュニケーションが苦手

動画編集者は対面のコミュニケーション能力が低くても問題ありません。

普段はチャットツールなどテキストでやりとりをしながら仕事を進めていくため、面と向かって会話する機会は少ないです。

そのため、スーツを着て・髪型を整えて・メイクをして・相手の目を見ながら喋って…という必要はありません。

会社員として、そういったことが嫌い・苦手な方に動画編集はぴったりです。

その代わり、テキストでのやり取りをスムーズに行う必要があるため、ビジネスメールなどを書いたことがない方は練習が必要かもしれませんね。

動画編集にセンスや才能は必要ない

デザイン
あなたが動画編集を仕事にするにあたって、センスや才能の有無はまったく問題ではありません。

実際に仕事をしながら、徐々に身につけていけば大丈夫です。

動画編集の仕事を受けると、多くの場合、『こんな感じで編集してね』と指示書やテンプレートを渡されます。

そのため、自分でオリジナルのデザインをすることは少ないんですよね。

デザインに興味がある方は、他の動画を真似するなどして徐々にスキルを磨いていき、デザインセンスを活かすような方面で活躍していくのもアリでしょう。

ただ、初心者のうちからセンスを求められるような仕事ではない、ということは覚えておいてください。

『自分はデザインセンスがないから動画編集はちょっと…』と勘違いしている方を見かけますが、まったくそんなことはありませんよ。

なお、私の美術の成績は5段階中で2でした。笑

こんな私でもやれてるんで問題なしです。

気になったら試しに始めてみよう

海岸にいる親子
もしあなたが『動画編集に向いている人の特徴』にある程度当てはまっているようなら、まずは始めてみましょう。

実際に動画編集をやってみて初めて分かることもたくさんあります。

動画編集を始めるために必要なものはPCと編集ソフトくらいなので、副業として気軽にチャレンジしてみましょう。

実際に動画編集でうまくいけば、日々の生活を豊かにするもよし、私のように独立してフリーランスになるもよしです。

会社や人間関係に縛られることなく仕事ができるようになりますよ。

動画編集業界の予測
動画広告業界は2022年から2025年までのたった3年間で市場規模が2倍になると予想されています。

動画編集はこれからますます重宝されていくスキル。

なるべく早く身につけておくことで、あなたの人生の選択肢を増やしてくれるでしょう。

『動画編集に向いている人の特徴5選を解説』のまとめ

  • 動画編集の仕事は会社員とは違った性質がある
  • 自分に当てはまるかどうかチェックしてみよう
  • 少しでも向いているかもと思ったら始めてみよう
シゲル
シゲル
副業で始めるなら
リスクもほとんどありません。

動画編集を学ぶならスクールがおすすめ

クラスの様子
動画編集を学ぶにあたって

  • どうやって勉強していけばいいの?
  • 正直、わけ分からんことばっか…
  • 誰か詳しい人教えてくれー!

このようにお悩みではありませんか?

もしあなたが最短で効率よく動画編集で結果を出し、人生を変えたいのであれば、独学ではなく信頼できるスクールに入るのがおすすめです。

独学だと、もともと勉強の効率が悪いことに加え、自分のスキルを客観的に測ることもできません。

『あと何を勉強すればいいんだろう』『もう自分のスキルは十分なんだろうか…』と迷いながら進むことになってしまうんですよね…。

きちんと賢く動画編集を学んでいる人たちと比べて、結果を出すのがとても遅くなってしまいます。

私も独学で動画編集を始めたため、数多くの失敗や遠回りをしてしまいました。

同期だと思っていた方たちが次々と結果を出していく一方、私は思うように稼げず、何が悪いのかすらわからずに悩んでいたのです。

私のようにノロノロと独学で勉強し、周りの編集者に置いていかれたくない方は、スクールに入って効率的に進んでいくのがおすすめです。

スクールに入れば、しっかりと体系的・網羅的に動画編集を勉強することができます。

『次に何を勉強すればいいんだろう』などと迷う必要はありません。

さらに、スクールによっては、受講が終わったあとに仕事を紹介してくれるところも。

『最短で稼げるようになりたい!』という方はぜひ検討してみてください。

まとまった勉強時間が取れない副業の方には、特におすすめです。

現役ディレクターがおすすめする動画編集スクールTOP10はこちらの記事で詳しく紹介しています。

>>現役ディレクターおすすめの動画編集スクールランキングTOP10!

ここまでお読みいただきありがとうございました!