Written by Shigeru

圧倒的時短!動画編集に最適な左手用デバイス・コントローラー3選を紹介!

STEP2:必要な2つのもの

  • 種類が多くて、いいデバイスの選び方が分からない
  • 使いやすいやつを探してるんだけど…
  • 動画編集の効率が爆上がりするやつを教えて!

こういったお悩みにお答えします。

いいデバイスは動画編集の効率を爆上げしてくれます。

しかし、左手用のデバイスはそこそこ値段も高く、使いづらいものを選んでしまうと後悔することに…。

この記事では、現役の動画編集ディレクターが動画編集に最適な左手用デバイスを紹介していきますので、最後まで読むことでデバイスを選ぶときのポイントやおすすめのデバイスが分かります。

左手用デバイスを使いこなせることが立派な一つのスキル
シゲル
シゲル
時短のメリットは計り知れません
この記事を書いた人
シゲル 白背景アイコン
シ ゲ ル
  • 副業で動画編集を始め、半年後に月10万円を稼ぎフリーランスに
  • 動画編集者として200本以上を納品
  • 現役の動画編集ディレクターとして活動中

>>プロフィール
>>Twitterはこちら

 

動画編集用のモニターについてはこちらの記事で解説しています。
>>動画編集用モニターのリフレッシュレートは60Hzで十分!コスパ重視で購入しよう!


左手用デバイスってなに?

tourbox使用写真
出典元:TourBox公式サイト

左手用デバイスは、作業中に左手で扱うコントローラーのことです。

通常、動画編集の作業をするとき、左手はキーボード・右手はマウス(or右手もキーボード)を操作していますよね。

実はコレ、すごく効率が悪いんです。

Premiere Proには多くのショートカットキーがあり、例えば『メディアの書き出し』はCtrl+Mで行います。

このコマンド…左手だけでは押しづらいですよね。キーを押すために、右手をいちいちマウスから離さなくてはなりません。

この操作が、左手用デバイスであればボタン一つ。右手を動かす必要がないのです。

一度慣れてしまうと、もうキーボード操作には戻れなくなるでしょう。

細かい差だと思うかもしれませんが、何百回と繰り返す動作を時短できると、その効果はとても大きなものになります。

腱鞘炎の予防にも効果的

左手用デバイスを使うと左手の負担が軽減でき、腱鞘炎の予防にもなります。

指や手首の痛みに悩んでいる方や、今後腱鞘炎になりたくない方には特におすすめです。

動画編集に最適な左手用デバイス3選

デバイスセット
動画編集者におすすめの左手用デバイス3つを紹介していきます。

  • TourBox NEO
  • BRAIN MAGIC Orbital2
  • Loupedeck Creative Tool

左手用デバイスを選ぶときは、タイムライン上での移動・カラーグレーディングを直感的に操作できるよう、ダイヤルが付いているものを選ぶのがおすすめです。

順番に詳しく解説していきますが、一覧表にまとめると

デバイス名 TourBox NEO BRAIN MAGIC
Orbital2
Loupedeck
Creative Tool
レビュー(Amazon) ☆4.4 ☆4.4 ☆3.9
対応OS Windows:〇
Mac:〇
Windows:〇
Mac:〇
Windows:〇
Mac:〇
価格(Amazon) 21,980円 35,200円 69,980円

 

こんな感じです。

  • はじめて左手用デバイスを使う
  • コスパが最重要!
    → TourBox NEOがおすすめ
  • シンプルなデバイスがいい
  • デスク周りをオシャレにしたい
    → BRAIN MAGIC Orbital2がおすすめ
  • 上級者向けのデバイスが欲しい
  • 予算に余裕がある
    → Loupedeck Creative Toolがおすすめ

このように選ぶのがおすすめです。それでは、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

TourBox NEO

TourBox NEO
出典元:TourBox公式サイト

左手用デバイスの中で最も有名で売れている製品です。

『デバイス選びに時間をかけたくない』『よく分からん』という方は、とりあえずTourBox NEOを選んでおくのが無難。

TourBox NEOは11個のボタンとダイヤルを持つデバイスです。高級感がありかっこいいですね。

ダイヤルはタイムラインでの移動やパラメーターの変更、ボタンはショートカットキーを割り当てて使うことができます。

使い慣れると一気に作業効率が上がりますよ。

重厚感がある作り

TourBox NEOの本体は370gと、重厚感のある作りになっているため、少しの衝撃でズレることなく安定して使うことができます。

一方、カフェなどで作業するために持ち出すのは、少し重くて不便かもしれませんね。

Amazonレビューは☆4.4

Amazonでのレビューは☆4.4と高評価です。

TourBox NEOレビュー②
Adobe製品で使用している方もいますね。使いやすさは好評のようです。

TourBox NEO②
もちろんPremiere Proにも対応していますよ。

左手用デバイスの中ではお手頃価格

価格も2万円程度と左手用デバイスの中ではお手頃のため、コスパを重視する方におすすめです。

『左手用デバイスを買うのははじめて』という方は、まずこの製品から始めてみるといいでしょう。

BRAIN MAGIC Orbital2

BRAIN MAGIC Orbital2
出典元:BRAIN MAGIC Orbital2公式サイト

こちらは8個のボタンとレバーで構成されるデバイスです。

BRAIN MAGIC Orbital2②
1つ目に紹介したTourBox NEOよりも小型でシンプルな見た目ですが、実はとても多機能。このレバーを『回す』『倒す』『押す』ことでそれぞれ違った動作ができるのです。

BRAIN MAGIC Orbital2⑥
Premiere Proはもちろん、様々なAdobe製品に対応しています。

デスク周りをオシャレに

BRAIN MAGIC Orbital2③
Orbital2はデバイスの下部にある光の色を自由に変えることができます。

Premiere Proを使っているときは紫色、Photoshopを使っているときは青色など、好きな配色にしましょう。作業環境をオシャレに演出することができますよ。

Amazonレビューは☆4.4

Amazonでのレビューは☆4.4と高評価です。

BRAIN MAGIC Orbital2レビュー
長時間作業をする動画編集者にとって、手が痛くならないのはありがたいですね。

コンパクトで場所を取らないため、作業スペースが小さめな方や、デスクの上をコンパクトにまとめたい方には特におすすめのデバイスです。

Loupedeck Creative Tool

Loupedeck Creative Tool
高価な分、カスタマイズの幅が広いのがLoupedeck Creative Toolの特徴。

ボタンが20個にダイヤルが7個。さらにディスプレイまで付いている超高性能デバイスです。

まさに『無限のカスタマイズ』が可能ですね。

45日間は返品可能

高価なデバイスだけあって、45日間もの返品期間が用意されています。『買ったけど、結局あんまり使わなかったな…』なんてことになる心配は不要です。

それだけ製品に自信があるということでしょう。

Amazonレビューは☆3.9

Loupedeck Creative Tool
Premiere Proで使用している方もいらっしゃいますね。

コスパなど不満な点はあるものの、『最高のデバイスです』と評価されています。

多機能な分、使いこなすまで時間が掛かる

左手用デバイスをはじめて購入する方だと、使いこなせるようになるまでには少し時間が掛かりそうです。

予算に余裕がある方や、今使っている左手用デバイスでは物足りなくなった方におすすめです。

公式サイトでloupedeckを見てみる

左手用デバイスの選び方まとめ

紹介した3機種を比較すると

デバイス名 TourBox NEO BRAIN MAGIC
Orbital2
Loupedeck
Creative Tool
レビュー(Amazon) ☆4.4 ☆4.4 ☆3.9
対応OS Windows:〇
Mac:〇
Windows:〇
Mac:〇
Windows:〇
Mac:〇
価格(Amazon) 21,980円 35,200円 69,980円

 

こんな感じです。

  • はじめて左手用デバイスを使う
  • コスパが最重要!
    → TourBox NEOがおすすめ
  • シンプルなデバイスがいい
  • デスク周りをオシャレにしたい
    → BRAIN MAGIC Orbital2がおすすめ
  • 上級者向けのデバイスが欲しい
  • 予算に余裕がある
    → Loupedeck Creative Toolがおすすめ

このように選び分けましょう。

左手用デバイスの元をとるのは簡単

お金を守っている人
時短のために何万円もするデバイスを買うことに抵抗がある方もいるかと思いますが、デバイス代は簡単に元を取ることができます。

実際に試算してみましょう。

時給は1,500円で、毎日3時間作業をしている副業の動画編集者を想定します。

この編集者が左手用デバイスを使い始めたことにより、作業時間が10%短縮できたとしましょう。

すると、1ヶ月で13,500円分の労働力を節約することができます。

※毎日3時間=1ヶ月の作業時間は90時間。このうち10%の9時間が時短できることになります。9時間×1,500円=13,500円。

2ヶ月続ければ27,000円。TourBox NEOの価格(21,980円)を大きく超えていますね。

紹介した中で最も高価なLoupedeck Creative Tool(69,980円)ですら、半年あれば余裕で元が取れてしまいます。

もちろん、長く動画編集を続けるほど、そしてあなたの時給が上がるほど時短の効果は大きくなっていきますよ。

迅速な対応でクライアントの評価もアップ

時短のメリットは労働力を節約できるだけではありません。

納期に余裕を持って納品することで、クライアントからの評価をアップさせることができます。

依頼を継続してもらいやすくなったり、単価を上げてもらいやすくなったり…メリットは計り知れません。

あなた自身も、精神的に余裕を持って仕事ができますよね。

動画編集に本気で取り組んでいきたい方には、左手用デバイスは必須のツールと言えそうです。

導入するなら早めに!

道路を走っている人
『左手用デバイス…気にはなるけど…どうしようかな』と悩んでいる方は、なるべく早く結論を出すことをおすすめします。

左手用デバイスを使い始めるのが遅くなればなるほど、キーボードでの操作に慣れてしまい、癖がついてしまいます。

一度ついてしまった癖を矯正するのはとても大変。どうせいつか使うなら、なるべく早めに左手用デバイスに慣れておきたいですね。

『圧倒的時短!動画編集に最適な左手用デバイス3選!』のまとめ

  • 左手用デバイスを使うと効率が大幅アップ!
  • 数ヶ月でデバイス代の元は取れそう
  • 導入するなら早い方がおすすめ
シゲル
シゲル
左手用デバイスを使いこなして
周りの編集者に差をつけませんか?

動画編集を学ぶならスクールがおすすめ

クラスの様子
動画編集を学ぶにあたって

  • どうやって勉強していけばいいの?
  • 正直、わけ分からんことばっか…
  • 誰か詳しい人教えてくれー!

このようにお悩みではありませんか?

もしあなたが最短で効率よく動画編集で結果を出し、人生を変えたいのであれば、独学ではなく信頼できるスクールに入るのがおすすめです。

独学だと、もともと勉強の効率が悪いことに加え、自分のスキルを客観的に測ることもできません。

『あと何を勉強すればいいんだろう』『もう自分のスキルは十分なんだろうか…』と迷いながら進むことになってしまうんですよね…。

きちんと賢く動画編集を学んでいる人たちと比べて、結果を出すのがとても遅くなってしまいます。

私も独学で動画編集を始めたため、数多くの失敗や遠回りをしてしまいました。

同期だと思っていた方たちが次々と結果を出していく一方、私は思うように稼げず、何が悪いのかすらわからずに悩んでいたのです。

私のようにノロノロと独学で勉強し、周りの編集者に置いていかれたくない方は、スクールに入って効率的に進んでいくのがおすすめです。

スクールに入れば、しっかりと体系的・網羅的に動画編集を勉強することができます。

『次に何を勉強すればいいんだろう』などと迷う必要はありません。

さらに、スクールによっては、受講が終わったあとに仕事を紹介してくれるところも。

『最短で稼げるようになりたい!』という方はぜひ検討してみてください。

まとまった勉強時間が取れない副業の方には、特におすすめです。

現役ディレクターがおすすめする動画編集スクールTOP10はこちらの記事で詳しく紹介しています。

>>現役ディレクターおすすめの動画編集スクールランキングTOP10!

ここまでお読みいただきありがとうございました!