Written by Shigeru

動画編集に使いやすいフリーBGMサイト3選!【商用利用可】

STEP3:練習方法 動画編集

  • BGMの種類が多すぎて、どれを選べばいいのかわからない
  • 利用規約とかよくわからないんだけど
    厳しくないところがいいな・・・
  • 他の編集者はどのフリーBGMサイトを使っているの?

こういったお悩みにお答えします。

BGMはその動画のイメージを決める重要な要素なので、チャンネル・動画に合ったものを選ぶ必要があります。

また、各フリーBGMサイトには利用規約があり、これに違反すると動画の削除などの厳しい措置が取られてしまうことも。

この記事では、現役の動画編集ディレクターが動画編集初心者の方向けにおすすめのフリーBGMサイト3選と各サイトの利用規約について解説しますので、最後まで読むことで規約違反をせず、安心してBGMを使うことができます。

まずはDOVA-SYNDROMEで探してみよう
シゲル
シゲル
この記事を書いた人
シゲル 白背景アイコン
シ ゲ ル
  • 副業で動画編集を始め、半年後に月10万円を稼ぎフリーランスに
  • 動画編集者として200本以上を納品
  • 現役の動画編集ディレクターとして活動中

>>プロフィール
>>Twitterはこちら

 

他にもフリー画像・効果音などを入手したい方はこちらも合わせてお読みください。
>>ここだけ押さえとこ!動画編集勉強用のフリー素材6種類を入手できるサイト集!


動画編集に使いやすいフリーBGMサイト3選!

3匹の茶色い猫
この記事で紹介するサイトは、以下の3つです。

  • DOVA-SYNDROME
  • 甘茶の音楽工房
  • YouTube Studio

DOVA-SYNDROME

私の場合、新しいBGMが必要になったらまずここで探します。

提供されているBGMの数は12,381曲と非常にレパートリーが多く、好みのジャンルのBGMがほぼ間違いなく見つかります。

とても多くのYouTuber、動画編集者に愛用されているサイトなので、聴き覚えのあるBGMもたくさんあるでしょう。

紹介されているBGMのクオリティも非常に高く、いろいろなBGMを聴き比べていると気がついたら数時間が経過していることも・・・。

『今回の動画には合わないけど、この曲好きだからダウンロードしとこ』などとやっているとキリがなくなります。笑

BGMだけでなく効果音もダウンロードできるため、気になる方はそちらもチェックしてみましょう。

ループ対応しているBGM素材もあり

また、公開されているBGMの中には『ループ』が可能なものもあります。
ループ可能な音源のページ
出典元:DOVA-SYNDROME『パステルハウス』

例えば、こちらのBGMではトラック1がループ、トラック2が非ループとなっています。

ループ対応しているBGMでは、1回の再生が終わるとなめらかに2回目の冒頭に繋がるため、違和感なくずっとBGMが流れ続けている動画を作ることができます。

長い尺の動画を編集するときにはとても便利ですね。

このように、非常に使いやすいDOVA-SYNDROMEですが、唯一のデメリットは『有名サイトであるため、人気があるBGMは他の方の動画とかぶってしまう可能性が高い』ことですね。

かぶるのを避けたい方は、あえて順位が低いBGMや新着のBGMを中心に探してみるのもよいでしょう。

特に人気のあるBGMを3つ紹介

『なんでしょう?』by KK

有名な日常系BGMです。聴いたことがある方も多いでしょう。

エンタメ系や広告系の動画でよく使われていますね。

>>このBGMのダウンロードはこちら(DOVA-SYNDROME)

『Morning』by しゃろう

曲名のとおり、朝にぴったりのさわやかなBGMです。また、ループ版もあるのがうれしいところですね。

チャンネル登録者100万人を超える有名なVtuberの方も、朝活動画のBGMとして使っていらっしゃいます。

>>このBGMのダウンロードはこちら(DOVA-SYNDROME)

『野良猫は宇宙を目指した』by しゃろう

『Morning』と同じ、しゃろうさんが作った曲ですが、こちらは落ち着いた雰囲気のBGMです。

>>このBGMのダウンロードはこちら(DOVA-SYNDROME)

甘茶の音楽工房

非常にシンプルでわかりやすいサイトです。

500点以上の素材があり、曲のイメージやジャンルからBGMを検索できるため、欲しいBGMが見つけやすいです。

特に『明るい』『ほのぼの』あたりのBGMが充実しています。サイトのイメージともマッチしていますね。

しかし、残念ながら2019年9月で更新が止まってしまっています。

あまり頻繁に訪れる意味はないかもしれませんね。

>>甘茶の音楽工房こちら

YouTube オーディオ ライブラリ

YouTube公式が運営している、音楽素材提供サービスです。

Googleアカウントを持っていれば誰でも利用できるのがうれしいところ。
オーディオライブラリの位置出典元:YouTube Studio

Googleで『YouTube Studio』と検索し、ログインしたら画面の左下にある『オーディオライブラリ』をクリックしましょう。

BGMは約1,500曲ほどあり、ジャンル・ムード・追加日などで並び替えて、欲しい曲を探すことができます。

ただし、『DL数が多い曲』といった項目はなく、『曲数が多い割に検索はちょっと使いづらいかな』という印象ですね。

製作者は海外の方が多いので、洋楽っぽいBGMはここで探すと見つかりやすいでしょう。

>>YouTube Studioはこちら

各フリーBGMサイトの利用規約

本とガベル
それでは、ここまで紹介した3つのサイトの利用規約を読んでいきましょう。

規約に違反した使い方をしていると、動画の公開停止などの厳しい措置が取られる恐れがあります。

あなたの個人的な動画ならともかく、クライアントに依頼されて編集した動画だとオオゴトですよね。

最悪の場合、クライアントから損害賠償請求をされてしまう可能性もあるので、しっかりと規約を確認しておくのがおすすめです。

DOVA-SYNDROMEの利用規約

まずは、規約(のようなもの)が以下の3種類あるということをご理解ください。

  • 音源利用ライセンス
  • サイト利用規約
  • 制作者の利用条件

順番に見ていきましょう。

音源利用ライセンス(抜粋)

まずは『ダウンロードした音源を使ううえでの注意事項』です。

我々編集者が最も気をつけなければいけないのが、この『音源利用ライセンス』です。

前提条件
音源の利用に際し、著作権使用料その他の利用料を請求することはありません。
・ユーザーによる音源のご利用にあたり、著作権表示・提供等の表示は不要です。 ※音源の権利は当該音源の作曲・制作者が保持し、その責任の下で公開されています。
当ライセンスに加え、作曲・制作者が別途利用条件を設けていることがあります。その場合は、作曲・制作者の利用条件が優先され、特に明示のない項目には当ライセンスが適用されます。
出典元:DOVA-SYNDROME『音源利用ライセンス』

無料かつクレジット表記不要で商用利用できるのは本当にありがたいですね。

禁止事項
次に該当する用途・方法における音源の利用を禁じます。
1.音源を法令(日本法)に違反する、または公序良俗に反する制作物・コンテンツで使用すること
2.音源を政治・宗教その他のイデオロギーに関する制作物・コンテンツで使用すること
3.音源の加工(サンプリング等)、アレンジ、リマスター、リミックス、歌を乗せる等を行い、音源を使用した「音楽的二次著作物」を作成すること
4.音源を作品等に使用せず(付加価値を加えず)、「作業用BGM」「ヒーリングミュージック」「音楽紹介を主なコンテンツとするWEBラジオ」等、音源を主なコンテンツとする動画等を公開すること
5.エンドユーザーに音源を聴かせることを主な目的とした、または音源を再生すること以外に主たる機能を持たない仕様での製品、作品、アプリ、その他の制作物に音源を利用すること
6.作曲・制作者名の表示および偽称の有無を問わず、また、営利、非営利を問わず、音源を配布、または販売すること ※オープン・クローズドを問わずインターネット上での公開、CD等媒体での配布など、形態を問わずエンドユーザーが音源のみを利用することができる一切の方法が該当します。
7.コンバート等を行わず、エンドユーザーが容易に音源ファイルに音声ファイルとしてアクセス、複製が可能な状態での利用
8.ライブパフォーマンス等、公での音源の演奏(音源を演奏している録音物または映像の公開を含む)
9.音源の楽譜を作成し公開・販売すること
10.作曲・制作者の名誉や信用を毀損し、または毀損するおそれがあると判断される用途で使用すること
当ライセンスまたは作曲・制作者の定める利用条件に違反していると判断される音源利用に対し、著作権者(または代理人)から著作権侵害の申し立てが行われることがあります。
YouTubeでのご利用に際し「著作権侵害の申し立て」が行われた場合は「YouTubeでのご利用について」をご確認ください。
出典元:DOVA-SYNDROME『音源利用ライセンス』

『公序良俗に反する使い方はダメだよ』『販売や配布をしちゃダメだよ』という一般的な内容です。

また、BGMを主とした動画を公開することも禁止されています。

サイト利用規約(抜粋)

こちらは『DOVA-SYNDROMEというサイトを使ううえでの注意事項』といった感じですね。

当サイトの音源は、本契約の条件に沿う利用である限り、「用途・営利・非営利」を問わず無料で自由にご利用いただいております。
ご利用の際の著作権・提供等の表示は不要ですが、音源の権利は当該音源の作曲・制作者が保持しています。
リンク・プロット等で当サイトをご紹介していただけると管理人は非常に喜びます。
出典元:DOVA-SYNDROME『サイト利用規約』

ここでも、無料・クレジット表記不要で商用利用できるよという内容ですね。

他に『禁止事項』などの項目もあるのですが、我々動画編集者には関係がなさそうな部分も多かったため割愛しています。

基本的には、はじめにお伝えした『音源利用ライセンスを遵守する』という認識で問題なさそうです。

制作者の利用条件

さて、最後の項目ですが、これは制作者によって内容が異なってきます。

先ほどご紹介した有名な制作者の方だと
かずちさんプロフィール
出典元:DOVA-SYNDROME『かずちさんプロフィール』

しゃろうさんプロフィール
出典元:DOVA-SYNDROME『しゃろうさんプロフィール』

KKさんプロフィール
出典元:DOVA-SYNDROME『KKさんプロフィール』

しゃろうさん、KKさんは『音源利用ライセンスに準ずる』、かずちさんは『成人向けコンテンツでも大丈夫』といった内容です。

BGMをダウンロードする際には制作者の利用条件も確認が必要ですが、基本的には『音源利用ライセンス』を守っていればOKのようですね。

DOVA-SYNDROME規約まとめ

ここまでお疲れさまでした。

簡単にまとめると

  • 我々がメインで注意すべきは『音源利用ライセンス』
  • ただ、『音源利用ライセンス』もそれほど厳しい内容ではない

ということで、BGMの利用にあたってあまりビクビクする必要はないでしょう。

甘茶の音楽工房

利用規約の内容も一般的かつシンプルで、それほど厳しくはありませんので安心して利用できます。

甘茶の音楽工房の利用規約(抜粋)

●公開中の音楽素材は、商用利用、個人利用問わず利用できます。
●音楽素材は、ウェブ、映像、ゲーム、ラジオなど、何かのBGMとしてお使い下さい。
●音楽だけを販売したり、2次配布することは禁止です。
●著作権は放棄しておりません。楽曲の著作権は甘茶にあります。
●作曲者を偽る行為(自分で作った曲のように見せかける行為)は禁止です。
●楽曲を使用した作品を、JASRACなど著作権管理団体に登録することはできません。
●ご利用の際に生じたいかなる損害損失に対しても当サイトは一切責任を負いません。
出典元:甘茶の音楽工房 利用規約

はじめに、商用利用OKである旨が明記されています。

あとは『このBGMは私がつくりました(大嘘)』などと言って販売したり配布したらダメという、当たり前の内容ですね。

うっかりJASRACに登録する方もいないでしょうから、動画編集者として普通に利用するうえではあまり気にしなくてよさそうです。

著作権表示に関して
著作権表示は必須ではありませんが、ご都合のよい箇所にリンクorクレジットしていただけると嬉しいです。 表記内容はサイト名、作曲者名、URLのいずれか一つでOKです。
●サイト名⇒ 甘茶の音楽工房(英語表記=Music Atelier Amacha)
●作曲者⇒ 甘茶(英語表記=Amacha)
●URL⇒ https://amachamusic.chagasi.com/

クレジットの表記が必須ではないというのも助かります。

クレジット表記が必須だと、編集した動画を納品する際クライアントに『BGMは○○で、作者の方は~』などと情報を伝え、YouTubeの概要欄などに表記してもらわないといけませんからね。

ただ、もしご自身のチャンネルで動画を公開するのであれば、感謝の意味も込めて表記してもいいのではと思います。

YouTube Studio

YouTube オーディオ ライブラリには、クレジット(帰属)表記が必要なものと不要なものの両方があります。

クレジット表記をしたくない場合は
帰属表示が不要なものを選択
出典元:YouTube Studio

『ライブラリの検索またはフィルタ』をクリックして、クレジット表示が不要なもののみを表示させましょう。
アイコンでの見分け方
出典元:YouTube Studio

クレジット表記が必要なBGMかどうかは『ライセンス』の項目のアイコンで判断できます。

アイコンが『CC』となっているものは表記が必要です。

YouTube Studioの利用規約(抜粋)

音楽ライブラリ(ライブラリ内の音楽ファイルも含む)の使用は、YouTube 利用規約に従う必要があります。 このライブラリの音楽は、ユーザーが作成した動画および他のコンテンツの中で作成者本人が使用することのみを目的としています。 このライブラリの音楽ファイルは YouTube で収益化する動画の中でも使用できます。
このライブラリから音楽をダウンロードすることにより、ユーザーは次の規約に同意したことになります。
・このライブラリの音楽ファイルを、取り込んだ動画および他のコンテンツと切り離して使用、配信、実行しないこと(例: こうしたファイルを単体で配信することは許可されていません)。
・このライブラリの音楽ファイルを違法な方法で使用しないこと、または違法なコンテンツに関連して使用しないこと。
出典元:YouTube Studio

『ここのBGMは収益化されているYouTubeチャンネルでも使えるよ』ということがはじめに書かれています。

他には、BGM単体での配信や違法なコンテンツの禁止など、当たり前の内容ですのでそれほど気にしなくて大丈夫そうですね。

ただ、1つ注意点があります。

それは、『YouTube StudioのBGMはYouTube以外の動画でも使えるのか?』ということです。

これに関してはこちらのページで議論がなされていますが、結論は『まあYouTube動画のみに使ったほうが無難だね』というものです。

編集する動画がYouTubeで公開されるものでない場合は使用をやめておくことをおすすめします。

『動画編集に使いやすいフリーBGMサイト3選!』のまとめ

ここまでかなり詳しく規約などを見てきましたが、私は法律の専門家ではありませんので、あなた自身でもしっかりと利用規約を読んだうえで各サイトを利用してくださいね。

  • クレジット表記が不要な音源の方がトラブルの防止につながる
  • 使いやすさ・レパートリーなどの面でDOVA-SYNDROMEが一番おすすめ
シゲル
シゲル
必要になったときのために
いくつかストックしておきましょう。

動画編集を学ぶならスクールがおすすめ

クラスの様子
動画編集を学ぶにあたって

  • どうやって勉強していけばいいの?
  • 正直、わけ分からんことばっか…
  • 誰か詳しい人教えてくれー!

このようにお悩みではありませんか?

もしあなたが最短で効率よく動画編集で結果を出し、人生を変えたいのであれば、独学ではなく信頼できるスクールに入るのがおすすめです。

独学だと、もともと勉強の効率が悪いことに加え、自分のスキルを客観的に測ることもできません。

『あと何を勉強すればいいんだろう』『もう自分のスキルは十分なんだろうか…』と迷いながら進むことになってしまうんですよね…。

きちんと賢く動画編集を学んでいる人たちと比べて、結果を出すのがとても遅くなってしまいます。

私も独学で動画編集を始めたため、数多くの失敗や遠回りをしてしまいました。

同期だと思っていた方たちが次々と結果を出していく一方、私は思うように稼げず、何が悪いのかすらわからずに悩んでいたのです。

私のようにノロノロと独学で勉強し、周りの編集者に置いていかれたくない方は、スクールに入って効率的に進んでいくのがおすすめです。

スクールに入れば、しっかりと体系的・網羅的に動画編集を勉強することができます。

『次に何を勉強すればいいんだろう』などと迷う必要はありません。

さらに、スクールによっては、受講が終わったあとに仕事を紹介してくれるところも。

『最短で稼げるようになりたい!』という方はぜひ検討してみてください。

まとまった勉強時間が取れない副業の方には、特におすすめです。

現役ディレクターがおすすめする動画編集スクールTOP10はこちらの記事で詳しく紹介しています。

>>現役ディレクターおすすめの動画編集スクールランキングTOP10!

ここまでお読みいただきありがとうございました!