【有料版レビュー】Wondershare Filmora(フィモーラ)の口コミ・評判を解説!

動画編集

こういったお悩みにお答えします。

動画編集ソフト選びって迷いますよね。

いきなり難易度の高いソフトを選んでしまうと、結局使いこなせずに挫折してしまう原因にもなります。

『初心者でも操作が分かりやすい』との口コミが多い動画編集ソフト“Filmora”ですが、実際はどうなのでしょうか?

この記事では、現役の動画編集ディレクターが

これらについて解説していくので、最後まで読むとWondershare Filmoraがあなたに合ったソフトなのかが分かります。

  • この記事は、WondershareからFilmora有料版のライセンスの提供を受け、実際に使用したうえで執筆したものです。

はじめに結論ですが、Filmoraは初心者でも使いやすいくコスパのいい動画編集ソフト。

複雑なソフトを使いこなす自信が無い方や、なるべく初期費用を抑えたい方におすすめですよ。

まずは無料版でFilmoraの使いやすさを体験してみてください!

\ 無料版から始めるのがおすすめ!/
※使いやすいので初心者でも安心!

 

この記事を書いた人
シゲル 白背景アイコン
シ ゲ ル
  • 会社員に絶望し、退職届を叩きつけることを決意
  • 副業で動画編集を始め、半年後に月10万円を稼ぎフリーランスに
  • 動画編集者として200本以上を納品
  • 現役の動画編集ディレクターとして活動中

>>プロフィール
>>Twitterはこちら

 

Wondershare Filmora(フィモーラ)の良い口コミ・評判

噂話をする女性

Filmoraくんが好きすぎてたまらない

Wondershare Filmoraメッチャ使いやすい

試してむっちゃ便利だったから即買いした

このソフトわかりやすー

初心者でも分かりやすく編集することができた!

『分かりやすい』『使いやすい』といった意見が多く見られました。

Filmoraは誰でも直感的に操作できるため、動画編集初心者でも安心して使えるのがうれしいですね。

『動画編集なんてやったことない』『自分にはできる気がしない…』こんな方には特におすすめです。

△目次へ戻る

Wondershare Filmora(フィモーラ)の良くない口コミ・評判

badサインのシルエット

凝ったことはできないみたい

無料版の透かしがデカすぎる

Filmoraの無料版を使って動画を書き出すと、このような『透かし(ウォーターマーク)』が入ってしまいます。

この状態だと、自分のYouTubeチャンネルにアップロードしたり、仕事で使ったりするのはちょっとためらってしまいますよね。

有料のライセンスを購入すれば透かしが消えるので、まずは無料で試してみて『Filmora使いやすいな』と感じたら有料版にアップグレードするのがおすすめです。

\ 無料版から始めるのがおすすめ!/
※使いやすいので初心者でも安心!

 

△目次へ戻る

Wondershare Filmora(フィモーラ)とは?

fimoraロゴ

 

ソフト名 Filmora
開発会社 Wondershare
プラン(個人向け) 1年間プラン 永続ライセンス Filmora+Filmstock
お買い得年間プラン
料金(税込み) 6,980円 8,980円 11,780 円
できること ・画面分割
・画面録画
・多彩なエフェクト・テンプレート
・自動字幕起こし
・キーフレーム
・モーショントラッキング
・クロマキー合成
・無音部分カット
・オーディオ同期
など
公式サイト こちら

 

Filmoraは初心者でも簡単に使える動画編集ソフト。

fimoraユーザー数
150もの国・地域で愛されており、ユーザー数はなんと1億人以上!

初心者に優しく使いやすいところが多くの人たちに支持されているのでしょう。

分かりやすい解説動画あり

『いくらFilmoraが使いやすいって言っても、自分には使えるだろうか…』と不安な方も大丈夫。

Filmora公式がたくさんの解説動画を出してくれています。

ソフトの基本操作から分かりやすく教えてくれているので、はじめてFilmoraを使う方はもちろん、今まで動画編集なんてやったことがない方も迷わずにスキルを習得していくことができますよ。

無料版でもすべての機能が試せる

Filmoraは、無料版でも有料版と同じ機能を使うことができます。

無料版だと書き出した動画に透かし(ロゴ)が入ってしまうのですが、ソフトの使い勝手を試す分には問題ありませんよね。

有料版を購入してから『使い方がぜんぜん分からない…』『こんなはずじゃなかった!』なんてことにならないよう、まずは無料で使ってみましょう。

有料版はサブスク型・買い切り型のどちらかを選べる

Filmoraの有料版は

  • サブスク型:1年間プラン(6,980円)
  • 買い切り型:永続ライセンス(8,980円)

このどちらかを選ぶことができます。

圧倒的におすすめなのは永続ライセンス

1年間プランとの価格差はたったの2,000円なので、あなたが1年以上動画編集をするなら永続ライセンスのほうがお得になります。

また『もうすぐ更新の期限かぁ…』なんていちいち気にするのもめんどくさいですしね。

頻繁なアップデートで進化し続けている

Filmoraはアップデートが頻繁に繰り返され、そのたびに便利になっています。

Filmora11になって軒並み改善


『Filmora9のときは使いづらかったところが、11になったら改善されている』という口コミですね。

Filmoraは今後も進化を続けていくソフト。

あなたがFilmoraの導入を検討しているなら、なるべく新しい情報を基に判断するのがおすすめです。

特にネガティブな口コミに関しては要注意。現在ではとっくに改善済みのものもあったりしますからね。

△目次へ戻る

【有料版レビュー】Wondershare Filmora(フィモーラ)の使用感


ここからは、私が実際にFilmoraを使用してみた感想をお伝えしていきます。

特にすごいな、と感じたのは以下の3点。

  • 1.編集に使える素材が用意されている
  • 2.自動字幕起こし機能が便利!
  • 3.書き出しと同時にYouTubeなどへアップロード可能

順番に解説していきます。

1.編集に使える素材が用意されている

Filmoraにはエフェクト・テンプレート・BGM・効果音などの素材がたくさん入っています。


素材の使い方もめちゃくちゃ簡単。ドラッグ・アンド・ドロップするだけです。


初心者の方など、複雑な操作が苦手な人でも安心ですね。

上の画像のようなエフェクトやテンプレートだけでなく、BGMや効果音もあらかじめ用意されています。

使い方はさっきと同じ。ドラッグ・アンド・ドロップするだけです。誰でも簡単にBGMや効果音が入った動画を作ることができますよ。

動画編集者にとって、素材を探す時間ってバカにならないんです。

Filmoraを使えば、わざわざ『フリー 効果音』などと検索して素材サイトに行く手間を省けるので、編集作業をスムーズに終わらせることができますよ。

2.自動字幕起こし機能が便利!

Filmoraには、音声を読み込み自動でテロップ化してくれる『自動字幕起こし機能』が搭載されています。

この機能を使うと、動画編集にかかる手間が半減!すごく楽になりますよ。

文章だけだとイメージが湧きづらいと思うので、実際に見てみましょう。

現在はテロップが入っていないこの動画に、Filmoraの自動字幕起こし機能を使ってみます。

自動字幕起こし機能の使い方は超簡単。


タイムラインの上側にあるアイコンをクリックするだけです。


すると、Filmoraが自動でテロップを作ってくれます。

今回は元の動画が短かったこともあり、字幕起こしにかかった時間はほんの数秒。急いでいるときは特に助かる機能です。

自動でテロップを入れた動画がこちら。

『シゲル』『フィモーラ』という固有名詞もきっちりと聞き取れているのがすごいですね。精度はかなり良さそうです。

テロップが生成できたら、あとは色や大きさを自分好みに調整すればOK。

こんな感じで完成です。

編集作業の中でも、『テロップ入れ』はとても時間がかかる作業。

自動化するために、わざわざ外部のツールを使っている編集者もいるほどです。

でもFilmoraなら、ワンクリックでテロップ生成が完了。めんどくさい文章の打ち込みから解放されますよ。

ただし自動字幕起こし機能には作成できる上限があり、それを超えて使うには別途有料のプランを購入する必要があることには注意しましょう。

3.書き出しと同時にYouTubeなどへアップロード可能

Filmoraを使うと、YouTube・Vimeo・TikTokなどの動画サイトにアップロードするのがとても楽です。

書き出しと同時にアップロードしてくれるので、めちゃくちゃ時短になるんですよ。


試しにサンプル動画をYouTubeにアップロードしてみましょう。


動画の書き出しが終わると同時に、YouTubeチャンネルへのアップロードも完了しています。

他の編集ソフトだと

  • 1.PC内のフォルダに動画を書き出す
  • 2.YouTubeにアップロードする

という2段階の作業が必要になるところが、Filmoraではワンクリック。

余計な工程をまるっと省くことができますよ。

△目次へ戻る

Wondershare Filmora(フィモーラ)がおすすめな人

  • 難しいソフトだと使いこなせるか不安な人
  • あまり高くないソフトを探している人
  • 買い切り型かサブスク型か選びたい人
  • まずは無料でソフトを試してみたい人

もしあなたが上のどれかに当てはまるようなら、無料版からFilmoraを試してみましょう。

お金を払って有料版を買うのは『Filmora使いやすい!』と感じてからでOKです。

\ まずは無料版で体験してみよう!/
※使いやすいので初心者でも安心!

 

△目次へ戻る

Wondershare Filmora(フィモーラ)に関するよくある質問

FAQ
ここからは、Filmoraに関するよくある質問について見ていきましょう。

Q1.Windows版に必要なPCのスペックは?

A.Filmora(Windows版)に必要なスペックは

  • 対応OS:Windows11以下
  • CPU:Intel i5以上・2GHz以上(第6世代以降推奨)
  • メモリ:4GB
  • ディスク: 10GBの空き容量(SSD推奨)

このようになっており、一般的な動画編集ソフトより低スペックなPCでもOK。

『他のソフトだとスペックが足りない』『わざわざPCを買い替えたくないな…』こんな方にはFilmoraがおすすめです。

初期費用を抑えつつ動画編集を始めることができますよ。

Q2.有料版を購入するときの支払い方法は?


A.Filmoraの有料版を購入するときは

  • 各種クレジットカード
  • Paypal
  • コンビニ決済
  • 銀行振込

これらの中から選ぶことができます。

クレカを持っていない方でも安心ですね。

Q3.返金制度はある?

A.購入30日以内なら、返金対応してもらえる場合があります。

具体的には

  • Wondershare社の製品(A)を誤って購入
    → その後別の製品(B)を購入した場合
    → Aの代金は返金可能
  • 同じ製品or同じカテゴリーの製品を誤って2つ購入
    → 重複した製品の返金が可能
  • 製品に技術的な問題があり、解決が難しい場合

このような場合は返金の対象になります。

自分の都合で気軽に返金してもらうことはできませんので、購入前にはしっかりと無料版を試してみましょう。

無料版を使ってみて問題がなければ、安心して有料版を購入できますからね。

\ まずは無料版で体験してみよう!/
※使いやすいので初心者でも安心!

 

△目次へ戻る

『【有料版レビュー】Wondershare Filmora(フィモーラ)の口コミ・評判を解説!』のまとめ

  • Filmoraは初心者でも使いやすいソフト
  • 直感的な操作や自動字幕起こし機能で
    時短できるのが魅力
  • まずは無料でFilmoraを試してみよう!

ここまでお読みいただきありがとうございました!