Written by Shigeru

【Premiere Pro】テロップの画質が悪くてぼやける場合の対処法2つ!

STEP5:月10万円までのテクニック集 動画編集

  • プレビューで見たときだけテロップがぼやける
  • 書き出した後もテロップがぼやけたまま
  • このままじゃ納品できない…

こういったお悩みにお答えします。

Premiere Proでのプレビュー再生時や、書き出し後に動画を確認してみるとテロップがぼやけてしまっていることがあります。

そのままでは納品できませんし、もし気づかず提出してしまったらクライアントからの信頼を損ねてしまいます。

この記事では、現役の動画編集ディレクターが初心者の方向けにテロップの画質が悪くてぼやける場合の対処法2つを解説しますので、最後まで読むことでぼやけてしまったテロップを元に戻すことができます。

提出前にはテロップの画質もしっかりと確認しましょう
シゲル
シゲル
対処法を知っていると
ぼやけたときも焦らずに済みます。
この記事を書いた人
シゲル 白背景アイコン
シ ゲ ル
  • 副業で動画編集を始め、半年後に月10万円を稼ぎフリーランスに
  • 動画編集者として200本以上を納品
  • 現役の動画編集ディレクターとして活動中

>>プロフィール
>>Twitterはこちら

 

動画でサクッと学びたい方はこちら

他にも月10万円達成までに知っておきたいテクニック・ノウハウはこちらの記事で解説しています。
>>初案件獲得~月10万円までのテクニック・ノウハウ集!


テロップの画質が悪くてぼやける場合の対処法2つ!

ぼやけている風景
  1. プレビュー中だけぼやける場合
  2. 書き出し後の動画でもぼやける場合

順番に解説します。

1.プレビュー中だけぼやける場合

Premiere Proのプログラムモニターでプレビュー再生をしている間のみテロップがぼやけてしまうことがあります。

プレビュー中だけテロップがぼやける①
このように、停止中はくっきり映っているのですが

プレビュー中だけテロップがぼやける②
プレビュー再生が始まるとテロップがぼやけてしまう現象です。

書き出した動画ではくっきりと表示されるため、そのまま納品してしまっても直接クライアントに迷惑をかけるようなことはありません。

しかし、ストロークかぶりなどの確認がしっかりとできないのは問題ですね。

プレビュー中だけテロップがぼやける③
これは、プログラムモニターの『再生時の解像度』という項目が『1/2』や『1/4』になっていることが原因です。

これを解消するには

プレビュー中だけテロップがぼやける④
プログラムモニターの右下にあるタブを開き『フル画質』を設定しましょう。

これでプレビュー再生時のぼやけが解消されます。

2.書き出し後の動画でもぼやける場合

書き出し後の動画でもぼやける場合①
次は、プレビュー再生を『フル画質』にしていてもテロップがぼやけてしまう場合について解説します。

この場合、書き出し後の動画でもテロップがぼやけてしまっているため、このままでは納品できませんよね。

まず原因ですが、これは『プロジェクトのフレームサイズ』と『レガシータイトルのタイトルサイズ』が違うことで起こる現象です。

なお、エッセンシャルグラフィックスではこのような現象は起こりません。

プロジェクトの
フレームサイズってなに?
初心者の方
初心者の方

初めに、プロジェクトのシーケンス設定を確認してみましょう。

書き出し後の動画でもぼやける場合③
上のタブから『シーケンス』→『シーケンス設定』をクリックすると

書き出し後の動画でもぼやける場合④
『シーケンス設定』というウインドウの上の方にある『フレームサイズ』がこのプロジェクトのサイズです。

次に、レガシータイトルの設定を確認してみましょう。

書き出し後の動画でもぼやける場合⑤
タイムライン上でレガシータイトルを選択している状態で右クリック→『プロパティ』を開きます。

書き出し後の動画でもぼやける場合⑥
この『タイトルサイズ』がシーケンスの『フレームサイズ』よりも小さいと、テロップがぼやけてしまう原因になります。

今回の例では、『フレームサイズ』が1920×1080なのに対して『タイトルサイズ』が320×180と、とても小さくなっていますよね。

このため、テロップがぼやけてしまっています。

これを防ぐためには、レガシータイトルの作成時に適切なサイズを設定しておく必要があります。

具体的な手順は

書き出し後の動画でもぼやける場合②
左上の『ファイル』→『新規』→『レガシータイトル』をクリックすると

書き出し後の動画でもぼやける場合⑦
名前を設定する画面で『ビデオ設定』も変更することができますので、フレームサイズと同じ数字になっていることを確認してから作成すればOKです。

レガシータイトルのシーケンス設定は後から変更できないの?

木でできたハテナ
残念ながら、レガシータイトルのシーケンス設定を後から変えることはできません。

そのため、タイトルサイズを確認しながらもう一度新しく作成しましょう。

『フレームサイズと違うサイズでテロップを作りたいな』と思うことはまずありませんので、エッセンシャルグラフィックスのように勝手に合わせてほしいですね。

レガシータイトルはそのうち廃止されるので、今後改善されることはないでしょうが…。

レガシータイトルの廃止時期や対応については以下の記事で詳しく解説しています。

【いつから?】Premiere Proの
レガシータイトルが廃止されます

» この記事を読む

『テロップの画質が悪くてぼやける場合の対処法2つ!』のまとめ

  • プレビュー時だけぼやける場合は『フル画質』に
  • 書き出し後もぼやける場合はサイズを確認

動画編集を学ぶならスクールがおすすめ

クラスの様子
動画編集を学ぶにあたって

  • どうやって勉強していけばいいの?
  • 正直、わけ分からんことばっか…
  • 誰か詳しい人教えてくれー!

このようにお悩みではありませんか?

もしあなたが最短で効率よく動画編集で結果を出し、人生を変えたいのであれば、独学ではなく信頼できるスクールに入るのがおすすめです。

独学だと、もともと勉強の効率が悪いことに加え、自分のスキルを客観的に測ることもできません。

『あと何を勉強すればいいんだろう』『もう自分のスキルは十分なんだろうか…』と迷いながら進むことになってしまうんですよね…。

きちんと賢く動画編集を学んでいる人たちと比べて、結果を出すのがとても遅くなってしまいます。

私も独学で動画編集を始めたため、数多くの失敗や遠回りをしてしまいました。

同期だと思っていた方たちが次々と結果を出していく一方、私は思うように稼げず、何が悪いのかすらわからずに悩んでいたのです。

私のようにノロノロと独学で勉強し、周りの編集者に置いていかれたくない方は、スクールに入って効率的に進んでいくのがおすすめです。

スクールに入れば、しっかりと体系的・網羅的に動画編集を勉強することができます。

『次に何を勉強すればいいんだろう』などと迷う必要はありません。

さらに、スクールによっては、受講が終わったあとに仕事を紹介してくれるところも。

『最短で稼げるようになりたい!』という方はぜひ検討してみてください。

まとまった勉強時間が取れない副業の方には、特におすすめです。

現役ディレクターがおすすめする動画編集スクールTOP10はこちらの記事で詳しく紹介しています。

>>現役ディレクターおすすめの動画編集スクールランキングTOP10!

ここまでお読みいただきありがとうございました!