Written by Shigeru

【Premiere Pro】プレビューが重い!カクつく場合の対処法4選!【現役ディレクターが解説】

STEP5:月10万円までのテクニック集 動画編集

  • プログラムモニターでのプレビュー再生が重い
  • PCのスペックは足りてるはずなのに・・・
  • プレビューを確認しながらスムーズに編集したい!

こういったお悩みにお答えします。

Premiere Proで編集していると、さまざまな原因によって動画のプレビュー再生がカクついてしまうことがあります。

この状態ではエフェクトやSEのタイミングも判断できず、まともに編集することができません。

この記事では、現役のディレクターがプログラムモニターでプレビューがカクつく場合の対処法4選について解説しますので、最後まで読むことでカクつきを解消してサクサク編集する方法が分かります。

4つの対処法でPCの負担を軽くしましょう
シゲル
シゲル
スペック不足を疑う前に
これらを試してみましょう。
この記事を書いた人
シゲル 白背景アイコン
シ ゲ ル
  • 副業で動画編集を始め、半年後に月10万円を稼ぎフリーランスに
  • 動画編集者として200本以上を納品
  • 現役の動画編集ディレクターとして活動中

>>プロフィール
>>Twitterはこちら

 

他にも月10万円達成までに知っておきたいテクニック・ノウハウはこちらの記事で解説しています。
>>初案件獲得~月10万円までのテクニック・ノウハウ集!

動画でサクッと見たい方はこちら



はじめに:他のソフトを閉じてみよう

PCの電源を押そうとしているところ
プレビュー再生のカクつきは、何らかの原因でPCの処理が遅くなっていることにより起こります。

インターネットブラウザや他のソフトを同時に起動している場合、そちらにリソースが割かれてしまっているケースがありますので、まずは他のソフトを閉じてみましょう。

ずっとPCを起動し続けている方は、一度再起動してみるのもいいですね。

それでは『再起動もしたし、他には大したソフトを使ってないけどプレビューが遅い!』という場合の対処法4つについて解説していきます。

プレビューがカクつく場合の対処法4選

4と書かれた駐車場の壁
プレビューがカクつく場合の対処法は以下の4つです。

  1. 再生時の解像度を下げる
  2. レンダリングする
  3. メディアキャッシュを削除する
  4. プロキシ動画を使う

順番に解説していきます。

1.再生時の解像度を下げる

再生時の解像度タブ全景
プログラムモニターの下の『フル画質』と書いてある部分のタブをクリックすると、再生時の解像度を変更することができます。

解像度の調整タブ拡大
ここを1/2や1/4などに変更すると、プレビューの動作が軽くなります。

再生する動画の画質が低い方がPCへの負担が少ないですからね。

ただし、画質を落とすとカラーなどの細かな調整をするのが難しくなるので、必要に応じて切り替えながら作業するとよいでしょう。

2.レンダリングする

エフェクトなどの影響で重くなってしまっている部分をレンダリングすることで、プレビューがスムーズになります。

レンダリングってなに?
初心者の方
初心者の方
シゲル
シゲル
Premire Proの情報から
動画を書き出すことです。

赤色になっているレンダリングバー
上の画像のようにレンダリングバーが赤くなっていると、プレビュー時にカクついてしまうことが多いです。

普段、Premiere Proはタイムライン上の情報を読み込み、その情報を基にレンダリングという処理をして『動画にするとこうなるよ』とプレビュー表示してくれています。

複雑なエフェクトがたくさん使われていたりすると、この処理に時間がかかるためプレビューが重くなってしまうのです。

信号機と同じで、重い順に赤色 → 黄色 → 緑色とタイムライン上で色が変わります。緑色はもちろん、黄色でもスムーズに再生されることが多いため、赤色の場合だけ気にしましょう。

赤色になっている部分をあらかじめレンダリングして緑色に変えておくことで、快適にプレビュー再生をすることができます。

レンダリング処理中
では部分的なレンダリングの方法を解説します。

重くなっている原因のクリップを選んでEnterキーを押しましょう。レンダリングが始まります。

緑色になったレンダリングバー
レンダリングが終わるとバーが緑色に変わり、カクついていたプレビューがスムーズ再生されるようになります。

ただし、『この部分』の『今の状態』をレンダリングしただけですので、ほんの少しでもクリップを移動させたりエフェクトを変更してしまうと、また赤色に戻ってしまいます。

編集している途中でこの方法を行ってもあまり意味がないため注意しましょう。

シゲル
シゲル
その部分の編集が終わった後
確認するときに有効です。

3.メディアキャッシュを削除する

環境設定からメディアキャッシュを選択
Premiere Proを開き、プロジェクトを立ち上げる前に『編集』タブ→『環境設定』→『メディアキャッシュ』をクリックします。

メディアキャッシュファイルを削除
『メディアキャッシュファイルを削除』の右側の削除ボタンをクリックしましょう。

システムからすべてのメディアキャッシュファイルを削除
すると、小さなウインドウが開きますので、『システムからすべてのメディアキャッシュファイルを削除』にチェックをつけ、『OK』をクリックすれば完了です。

これでPremiere Proに残っているキャッシュがクリアされますので、動作が軽くなります。

4.プロキシ動画を使う

元々の動画素材が重い場合に有効な方法です。

元の動画の代わりにプロキシ動画を作成することでPCの負担を減らすことができるため、動作が軽くなります。

プロキシ動画の作り方については以下の記事で詳しく解説しています。

プロキシを使って
サクサク書き出そう!

» この記事を読む

それでもダメならPCのスペックを確認しよう

おしゃれなiMaC
上記4つの対策をしてもカクつきが直らないようなら、根本的にPCのスペックが足りていない可能性があります。

まずは、あなたのPCが以下のスペックを満たしているか確認しましょう。

  • CPU:Intel® 第7世代以降、AMD Ryzen™ 3000 シリーズ以降
  • メモリ:16GB以上
  • GPU:4GB以上

これらの基準はAdobe公式サイトでPremiere Proを使う上での推奨スペックとして示されているものです。

このスペックを満たしていないPCをお使いの方や、4Kなどの高画質な動画を扱う方はPCの買い替えか増設をおすすめします。

ご自身のPCスペックの確認方法や推奨スペックの詳しい解説については以下の記事をお読みください。

動画編集用PCに最低限必要な
スペック3項目と確認方法!

» この記事を読む

『プレビューが重い!カクつく場合の対処法4選!』のまとめ

  1. 再生時の解像度を下げる
  2. レンダリングする
  3. メディアキャッシュを削除する
  4. プロキシ動画を使う
シゲル
シゲル
それでもダメなら
PCのスペックを確認しましょう。

動画編集を学ぶならスクールがおすすめ

クラスの様子
動画編集を学ぶにあたって

  • どうやって勉強していけばいいの?
  • 正直、わけ分からんことばっか…
  • 誰か詳しい人教えてくれー!

このようにお悩みではありませんか?

もしあなたが最短で効率よく動画編集で結果を出し、人生を変えたいのであれば、独学ではなく信頼できるスクールに入るのがおすすめです。

独学だと、もともと勉強の効率が悪いことに加え、自分のスキルを客観的に測ることもできません。

『あと何を勉強すればいいんだろう』『もう自分のスキルは十分なんだろうか…』と迷いながら進むことになってしまうんですよね…。

きちんと賢く動画編集を学んでいる人たちと比べて、結果を出すのがとても遅くなってしまいます。

私も独学で動画編集を始めたため、数多くの失敗や遠回りをしてしまいました。

同期だと思っていた方たちが次々と結果を出していく一方、私は思うように稼げず、何が悪いのかすらわからずに悩んでいたのです。

私のようにノロノロと独学で勉強し、周りの編集者に置いていかれたくない方は、スクールに入って効率的に進んでいくのがおすすめです。

スクールに入れば、しっかりと体系的・網羅的に動画編集を勉強することができます。

『次に何を勉強すればいいんだろう』などと迷う必要はありません。

さらに、スクールによっては、受講が終わったあとに仕事を紹介してくれるところも。

『最短で稼げるようになりたい!』という方はぜひ検討してみてください。

まとまった勉強時間が取れない副業の方には、特におすすめです。

現役ディレクターがおすすめする動画編集スクールTOP10はこちらの記事で詳しく紹介しています。

>>現役ディレクターおすすめの動画編集スクールランキングTOP10!

ここまでお読みいただきありがとうございました!